LGSと石膏ボードのコンビ


さて、壁の大まかな区分とその概要について色々と書いてきましたが、意外にも結構長い話になってしまいました。

これからさらに細かい話をしていくつもりなんですけど、まだこれで前振りの段階なんですよね。

もう少し話のペースを上げて行きたいところです。

工場制作ものについての話をするつもりはなかったんですけど、まあ話の流れということで。

壁の種類は残すところ「LGS壁」と「木下地壁」で、これらの特徴について説明が終わり次第、個別の話に進んでいく予定です。

と言うことで今回は「LGS壁」の説明をしていきますが、基本的な考え方は「木下地壁も」ほとんど同じなんです。

ただ下地の材質が違うだけなので、LGS壁の納まりを覚えることが出来れば、木下地壁も覚えたのと同じ。

そうした話を踏まえて、まずはLGS壁がどんな特徴を持っているかについて考えてみることにしましょう。


■LGS壁

まずはこの「LGS」というのが何なのか、という話からすると、ALCなどと全く同じパターンです。

ight(軽量)

auge(規格)

teel(鉄)

という言葉の頭をとった言葉で、「軽量鉄骨」と呼ばれたり、さらに短くして「軽鉄」と呼ばれたりします。

もちろん普通に「LGS」でも通じます。

LGSの規格は色々ありますが、細かい話は後ですることにして、イメージはこんな感じの製品です。

 

LGSのイメージ

 

この下地材を一定のピッチで立てていき、その下地に石膏ボードを張った壁を「LGS壁」と呼びます。

 

■石膏ボードとは

LGS下地に張られる石膏ボードとは何かというと、そのまんまですが、石膏を材料にした板状のパネルです。

厚みや性能はこれまた色々ありますが、どの仕様を選択するのかは壁の性能によって変わります。

なのでここでは細かい話は止めておきます。

とりあえず今回は、LGS下地に石膏ボードを張った壁をLGS壁と呼ぶ、ということを覚えて頂ければと思います。

石膏ボードの特徴としては、以下のような点が挙げられます。

・手軽である

・コスト的に有利

・様々な性能の壁がある

・壊すのも比較的楽

・壁が薄くて済む

・強度はRCやALCに比べると弱い

・石膏ボードは水に弱い

と言うことで、LGS壁は外壁ではなく、室内の区画壁や間仕切り壁に採用されることがほとんどです。

しかし室内の壁に関しては、ほとんどがLGS壁になる場合もあるくらい、一般的に使われている壁です。

LGS壁の仕様を知っておけば、内装の納まりはかなり網羅できる、というくらいメジャーなので、しっかり覚えておくことをお勧めします。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ