石膏ボードを張る場合の特徴


コンクリート化粧打放し仕上をする場所がある一方で、特に仕上を必要としない部分もある。

前回はそんな話をしましたが、建築の納まりについての話はあまりすることができませんでした。

まあそれほど書くことがない、というのが正解かも知れませんが。

同じコンクリートという材料を使うのに、表面の見映えが全然違ってくるというのも面白いですよね。

型枠によってそこまで変わるのか、と不思議に思ったりしますけど、実際に見ると本当に違うんです。

もうぜんぜん違うというくらいに。

適材適所という言葉もあるように、メインで見せたい壁と、機械室の壁を同じにしなくても良い、という考え方です。

もちろんコストを度外視すれば、全てのコンクリートを綺麗に見せることは可能ではありますが……

そこまでの手間とコストをかける必要があるか、ということを考えると、全然現実的ではありません。

コンクリート素地についてはこの辺で話を終わりにして、今回からはより一般的な「石膏ボードを張る場合」について考えてみましょう。


■より一般的な納まり

今まで長いこと説明をしてきた、骨組みであるコンクリートをそのまま見せるという納まり。

これはどちらかと言えば少数派にあたり、実際には表面に仕上材を張る場合がほとんどという事になります。

もちろん化粧打放しの場合の納まりも知っておくべきですけど、優先度としてはこれから説明する石膏ボード取合の方が先かも知れません。

説明する順番は逆になってしまいましたが……

とにかくこの一般的な石膏ボード取合について考える訳ですが、まずはその特徴を挙げてみる事にしましょう。

 

■石膏ボードを張る場合

コンクリートに仕上材を張る場合で最も多いのが、石膏ボードを張る場合ということになると思います。

どうやって張るのかについてはもう少し後で説明することにして、まずはその特徴について考えてみると……

・仕上に逃げがある(から高めの精度で施工可能)

・スイッチなどの埋め込みも楽

・断熱材も施工可能

・下地の精度はそれほど求められない

・仕上げ材のバリエーションが豊富

・表層に張る分だけ室内が狭くなる

という感じになると思います。

今まで順番に読んで来た方なら分かると思いますが、大体がコンクリート化粧打放し仕上と逆の特徴になってます。

ある程度の施工誤差というのがコンクリート工事には付き物ですが、それを仕上の段階で解消することが出来る。

これが施工者としては大きな話で、精度が高い建物は結局、建物を使う側にも嬉しいことでもある訳です。

そのあたりを考えると、意匠性はともかくとして、施工側にも施主側にも嬉しい工法ではないか、と個人的には思っています。

具体的な施工方法などは次回に詳しく説明します。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ