天井までの壁で良いかどうか

LGS壁にはたくさんの仕様が用意されている、という話をちょっと長かったですが色々としてきました。

LGS壁の違いを把握して使い分けることによって、無駄なコストをかけないで必要な性能を満たした建物を造ることが出来る。

これがたくさんの仕様がある理由ですね。

適材適所を徹底することによって効率化が進む、というのは人も同じだと思いますがLGS壁にも当てはまるんです。

また、これも重要な要素になりますが、LGS壁の性能によって、壁をどこまで造る必要があるのかが決まります。

基本的に耐火や遮音などの性能を持っている壁は、上の階の床までの壁が必要という考え方になります。

一方でそうした性能を必要としないLGS壁については、天井から下だけ壁があればそれで必要な性能を満たすことに。

この区分はコストにも大きく関連してきますので、LGS壁の区分というのは非常に重要な要素だと言えるでしょう。

LGS壁を場所ごとに使い分けていき、LGSを必要最小限の範囲にすることが出来れば、性能的にもコスト的にもベストではないでしょうか。

今回はLGS壁をどこまで建てるのか、という話をもう少し詳しくしていきたいと思います。引き続きそのあたりの話を進めたいと思います。



■天井までの壁と天井裏までの壁


LGS壁をどこまで施工すれば良いのか、どこで壁を終わらせて良いのかは、大雑把に分けると以下のように区分出来ます。


・天井まででOKの壁(一般的な間仕切)

・天井裏にも必要な壁(耐火・遮音間仕切)


これらの区分をすることによって、必要のない部分にLGSを建てるという無駄を減らしていくことが出来る訳です。

以前にも同じような話をしましたが、高い方のスペックにすべて合わせておくという楽な考え方をすることは可能です。

どの壁が天井までのLGS壁で良いのか、という検討はせず、すべて天井裏までLGS壁を造ってしまうという考え方ですね。

この考え方は確かに楽ではありますけど、それではやはり無駄が多いので、コストを意識した場合には選択出来ないやり方でもあります。

コストを考えるのであれば、天井裏に壁が必要ない部分については、必要充分という考え方で、天井から下の壁で終わらせておく方が良いと思います。

こうした考え方は、単純にLGSと石膏ボードの材料を少なくすることだけではなく、もっと大きな部分に影響を与えます。



■壁の厚さとコスト的なメリット


天井までのLGS壁とするか、それとも天井裏にもLGS壁が必要か。

この区分をすることによって、まずは特に必要のないLGSを減らすことが出来る、というメリットがあります。

そして、それよりも大きなメリットとしては、高さを抑えることによってLGS部材自体を小さく出来る点が挙げられます。

必要最小限の部材を選定することによって、壁の厚さを抑えることが出来、コスト的にも有利になっていく。

また、下地材のLGSが小さくなることによって、ほんの少しではありますが壁が薄くなり、結果的に部屋が少し広くなる。

これは微妙な話と思われるかも知れませんが、天井までのLGS壁とすることで、こうして少しずつ条件は良くなっていく訳です。

もちろん壁が薄くて済むこと自体が良い事である訳じゃないですよ。

壁としての性能を考えれば、特に音を遮断する訳でもないし、天井裏は壁がないし、という感じでスペックとしてはあまり高くない訳ですから。

しかしあまり必要とは思われない場所、例えば廊下と倉庫の間になる壁とかでは、こうした壁で充分に機能する壁なんです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ