LGS壁の仕様と高さの考え方


天井裏まで必要なLGS壁と天井裏までは必要ないLGS壁とでは、高さ制限によって壁の厚さが変わる可能性があります。

仕様については少し後で詳しく説明をしていきますが、微妙に壁が薄くて済むというのは結構大きなポイントなんです。

例えば自宅のプランを考える際には、洗面所などで洗濯機が入るかどうか、洗面台はいくつのサイズを入れるかなどを検討します。

洗面台などは90cm・120cmなどの規格寸法がある為、それを意識しながら無駄のないスペースの使い方をしていく訳です。

それに失敗して10cm程度の隙間が空いてしまうと、そこには何も入れることが出来ないばかりか、掃除もしにくく埃がたまってしまうことに。

だから出来るだけそうした無駄なスペースを排除する、という地道な作業をプランニングで行う訳です。

壁と壁の間で何cm取るか、といった細かい作業をする際に、壁が必要以上に厚いと色々影響が出てしまう、と言うことです。

そうした事を考えると、法的・用途的に必要のない部分やについては、最低限の性能を満たせる壁で良いのではないか。

そんな考え方が出来る訳です。



■天井裏という考え方

もちろん必要な性能を満たすことが絶対条件なので、何が何でも天井までのLGS壁に、という訳にはいきません。

例えば耐火性能が必要な壁であれば、耐火壁を用意するのは当然のことですけど、不必要な部分にまで耐火壁は必要ない、という考え方です。

具体的な例を出した方が分かりやすいと思うので、ここではある建物の平面図と断面図を見ながら進めていくことにします。

まずはシンプルにこんな平面図があったとします。

防火区画のある平面図

上図の赤いラインが防火区画、その他色のついていない壁が一般の間仕切壁と考えて話を進めますね。

まずは廊下と事務室、廊下と倉庫の間の壁が防火区画になりますので、そこは天井裏にもLGS壁が必要ということになります。

それ以外の壁、倉庫と事務室間の壁天井から下でOK、という壁の区分がまずは出来上がります。

これは平面図を見ただけでは分かりにくいのですが、壁の区分による影響は確実に表れます。

断面図を見ればそれが直観的に理解できるかも知れません。

断面図はこんな感じ



 

■階高と天井高

天井裏まで壁が必要ということは、当然のことですが下地としてLGSを天井裏まで伸ばす必要があります。

つまり、コンクリート床からLGSを立てて、上階コンクリート床の下までLGSが必要ということ。

今回の例で言えば、階高4500から床の厚みを引いた寸法、約4300程度の高さでLGS壁が必要ということになります。

一方で天井までのLGS壁は、当然各部屋の天井まであれば壁としての役割を果たすことが出来る為、高さとしてはそれほど高くはありません。

今回の例では天井高を2700としているので、LGS壁の高さも2700程度でOKということになります。

こうした考え方から、同じLGS壁でも高さが必要な部分とそうでない部分に分類されるということが分かります。

高さが必要だと何が問題なのか。

それは、LGSの部材ごとに定められている高さ制限を見れば、なんとなく分かってくると思います。

ちょっと長くなってしまったので、LGSの高さ制限による壁厚さの違いについては次回に続くことにします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ