LGS壁を施工するタイミング


壁をどこまでたてるかによってLGSのサイズが変わってくるので、多少手間ではありますが、区分をしっかりとやる。

これが一般的な考え方ではありますが、これは単純に図面上で考えた場合の理論でしかありません。

もちろん大抵の場合はこの考え方で進めて問題ないはずですけど。様々な要素を考えた時に、LGSのサイズを統一することがベターな場合もあります。

建物条件はそれぞれのプロジェクト毎に少しずつ違っていて、前と同じ考え方が必ずしも正解ではない、ということです。

その選択がベストだったかどうか、というのは、そのときにはなかなか分からないものですけど…

それでも、色々な考え方があってその中から何を選択するのか、選択肢が多い方が有利ではないかと私は思います。

と言うことで今回は、全部のLGSを天井裏まで建てる場合もある、という話をしてみたいと思います。



■いつLGSを建てるか

工事を進めていく中で、LGSの施工は上の階の床コンクリートが出来上がった後からスタートします。

LGSは基本的に床から天井、もしくは床から上階の床まで建てる訳ですから、その相手が出来上がってからスタートする必要がある訳です。

もちろん上階の床コンクリートが出来ただけでは、外部から雨が入ってきてしまいますから、外壁が出来てからがベストですが…

工期など色々な条件によって、雨が吹き込まない部分であれば、外壁が出来ていなくても施工をスタートすることもあります。

そのあたりは施工する側の判断になりますが、手順としては「LGSを固定する相手が出来てから施工」という事になります。

施工手順の話はもっと奥が深いですけど、シンプルに説明をするとこのような感じになると思います。

ここで、今まで説明してきた話に戻ります。

今までLGS壁を天井裏まで施工するのか、それとも天井から下だけで良いのか、という話をしてきましたが…

施工手順という考え方をすると、LGSを固定する相手というのは、壁の仕様によって以下の2種類あることが分かります。

・上階の床コンクリート

・天井下地



■1回の工程で済ませる

施工手順とLGS下地の相手について書いたのはどうしてかと言うと…

天井から下でも良いLGS壁というのは、天井下地を組んだ後でなければ施工できない、ということを伝えたかったからです。

納まり断面図を見れば当たり前のことなんですけど、施工の順番を考えると天井から下の壁は結構後になってしまうんです。

基本的に内装の施工手順としては、かなり大雑把に書いてしまうと「壁→天井→床」という流れで進みます。

しかし天井下の壁がある場合、天井下地を組んだ後で再度LGS壁下地を施工する手順が必要になります。

それならば、まず最初に全部のLGSを上階床コンクリートに固定してしまう、という考え方も出てくる訳です。

もちろんこれは建物の規模によって判断が大きく変わります。

大規模な建物でこんな考え方をしてしまうと、恐らく省略できる手間に比べてコスト増が大きくなりすぎるはず。

しかし階高がそれ程高くなく、上階床までLGSを伸ばしてもサイズが変わらない場合などでは有効な考え方です。

これは、あまり規模が大きくない建物にしか採用出来ないかも知れませんが…知っておいても損はないと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ