建築工事と電気・空調・衛生工事


前回はLGS壁をどこまで施工するのかと、それに大きな影響を受けることになる設備・電気工事を取り上げてみました。

当サイトは建築の納まりを解説していくことをメインテーマにしているので、電気や設備などはあまり関係ないと感じる方も多いかも知れません。

しかし、本当に建物の納まりを考える際には、建築のことだけを考えている訳にはいかない、というのが現実です。

それらを総合的に考えて納まりを決めていかないと、頑張ったのに見映えがあまり良くないなどの残念な状態になってしまいます。

建築は非常にきれいに納まったのに、その外側に照明器具が露出で出ていたり、スイッチと配線が見えていたり、などなど…

まあ結構良くある話です。

デザインをすっきり見せようと頑張りたい部分であればなおさら、電気設備や空調工事との調整をきちんとやりたいところです。

今回は「建築の納まり」とは少し話がそれてしまいますが、電気・設備工事について少しだけ説明をしたいと思います。



■各工事の区分と重要性

建築工事と同じくらい重要な要素である「電気工事」「空調工事」「衛生工事」ですが、具体的にはどんな内容の工事なのか。

今回はそのあたりについて簡単に説明をして、どれだけ重要な要素なのかについても一緒に書いてみたいと思います。

・電気工事

電気工事というのは照明器具やコンセント、スピーカーや電話、テレビなどの電気関連の工事一式を指します。

もし建物が停電になって照明器具が全部消えてしまったとしても、非常時に点灯する非常照明が必ず用意されています。

それによって停電が発生しても安全に建物の外に出ることが出来る訳ですけど、そうした非常照明も電気工事に入っています。

コンセントにプラグを差して電気を利用する、というごく当たり前の行為も、電気工事がない限り出来なくなります。

電気工事がどれだけ重要な要素なのかは、落雷とかでごくまれに停電が発生することがあって、そうした場合の不便さで痛感するはずです。

・空調工事

空調工事というのは、まあそのまんまではありますけど、主に空調(エアコン)と換気設備のことを指します。

空調がなければ真夏でもエアコンが使えない建物になるし、換気が出来ていない部屋の空気は汚れていき環境が悪くなるばかりです。

そうした場所で仕事をしたり、居室として滞在し続けることは非常に難しいのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

また、最近は熱中症の問題もありますから、健康を害する危険性も高まってしまい、やはり建物としての機能に問題ありと言わざるを得ません。

・衛生工事

衛生工事というのは主に水関連で、これがきちんと整備されていない建物では、非常に困る状況に陥ってしまいます。

例えば蛇口から水が出ないとか、トイレが流れないなどの問題に直面すると、どうしようもなく悲しい状況になるのが衛生工事です。

また建物の規模によって有無は変わりますが、天井に取り付けるスプリンクラーも衛生工事になります。

水は人の暮らしから切っても切れない関係にありますから、その為の設備として衛生工事は非常に重要な要素だと言えるでしょう。

電気・空調・衛生工事についての簡単な説明はこれで終わりますが、これらの工事がどれだけ重要かは伝わったでしょうか。

LGS壁をどこまで施工するのか、という話は確かに建築工事ではありますけど、天井裏は電気や設備の為のスペースです。

そのあたりを考慮しながら壁の構成を決めていく、というのが非常に重要なポイントになってきます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ