図面について

  1. 建物はメンテナンスによって長持ちする

    建物が完成した後の話で

    建物を計画して実際に造っていくために必要なステップとして、設計段階から施工段階へとステップが進んでいく、という話を前回は紹介しました。建物をつくっていくための基…

  2. 工場で製作されて現場へ

    施工図と製作図と

    どのような建物を計画するのかを計画する役割を持っている設計者、そしてその設計者が作成・発行する設計図。それに対して施工段階では、発行された設計図通りに建物をつく…

  3. 設計図のイメージ

    設計図とは何か

    建物を作ることを計画して、その建物が実際に出来上がるまでの手順には様々な段階があって、それぞれの段階によって必要な図面もかなり変わってくる。前回はそのような話を…

  4. 建物をゼロから考える

    建築の図面は色々ある

    当サイト「建築の納まり図とその解説」では、建物を構成する各所の納まり、つまり各所がどのような関係になっているか、というテーマで色々と話をしていきます。もちろん言…

スポンサードリンク




おすすめ記事

  1. 仕事に必要な時間が多すぎて…
  2. コンクリート直張り
  3. 床コンクリートレベルを下げておく
  4. 雨掛かり部の床仕上材として
  5. 誘発目地の一例
  6. 壁のイメージ
  7. 石膏ボード
  8. 建物の風景
  9. ALCの外観イメージ
  10. タイルカーペットの断面
  1. まずは人命が最優先

    壁-LGS+石膏ボード

    LGS壁に求められる性能-2
  2. 型枠のジョイントライン

    壁-コンクリート

    型枠の割付がまずは必要
  3. 天井がない場合の見え方

    納まりの区分け

    天井納まりの概要について
  4. 施工段階では打合せが多くなる

    設計と施工と

    施工者と設計者の立場の違い
  5. 下げる必要のある梁

    床-防水納まり

    防水施工範囲と梁のレベル
PAGE TOP