納まりの正解と選択肢の数

建物を建てるプロジェクトを進行する際には、設計者と施工者という異なる役割を持つ人、会社が協力することになります。

そして、設計者と施工者が建築の納まりについて考える時には、お互い少しだけ視点が違っている。

前回はそんな内容の話をしてみました。

「より良い建物を造る」という基本的な方針は、設計者でも施工者でも全く同じだと思います。

しかし主にコストや施工性などの要素があって、そこに至るまでの道が微妙に違うこともあります。

このあたりの話は、私が今まで経験してきた中での感想が多く入っているので、違和感を感じる方もいるかも知れません。

なので、この話はここで終わりにしておき、概要的な話もそろそろ終わりにしたいと思います。

今回は最後のまとめということで……

結局のところ、設計者と施工者のどちらが納まり詳細を必要とするのか、というあたりについて考えてみます。

続きを読んでみる »

施工者と設計者の立場の違い

設計者が建物の納まりに対して持っているポリシーに対して、施工する側がどんな視点を持っているのか。

前回はそのあたりについて考えてみました。

ただ、施工者がコストを気にしているからと言って、納まりはどうでも良いと思っている訳ではありません。

むしろ設計者があまり気にしない「これで施工が出来るのか」とか「人が入っていけるのか」などに気を配るんです。

デザインは良いけれど、実際には施工が実現不能とか、非常に危険な施工になるようでは困ります。

そうしたことにならないように、意匠性も重視しつつ、コストと施工性にも気を使うのが施工者の立場なんです。

どちらの視点が優れているのかとか、そういう問題ではなくて、これは単純に立場の違いです。

どちらもその建物のクオリティを高めようとしていて、そのアプローチが少し違うだけの話です。

続きを読んでみる »

施工側が見ている視点とは

設計者が設計図をまとめたあとで、建物の細かい納まりにどのように関わっていくのか、という話を前回は取り上げました。

設計図が示す建物の基本方針というのは非常に重要で、それが全ての元になる情報であることは間違いありません。

しかし施工段階で作成される図面は、実際の完成図とリンクする訳ですから、こちらも同じくらい重要なんです。

そうした図面をチェックして精度を高めていくことで、建物のクオリティも高まっていく訳です。

ほとんどの意匠設計者は、建築の細かい納まりについて、どう納めたいかの考えを持っています。

まあ私が知る限りは、という条件が付きますが、意匠設計者が意匠を気にしないはずはないですよね。

そう考えると、建築の細かい部分の納まりを気にするのは当然のこと、ということになってきます。

そして、自分が気にするくらいですから、どんな納まりのバリエーションがあるのかの知識も豊富。

これが一般的な意匠設計者の姿ではないかと思います。

続きを読んでみる »

現場での設計者の役割

設計者は自分が設計する建物に愛着を持っているので、細かい納まりには非常に気を使う場合が多いです。

たとえそれが、一般の方に目に止まらない部分であっても、気になるのはプロとして当たり前のことでしょう。

前回はそんな話をしましたが、まあこれはひどく一般的で、別に驚くような話ではないと思います。

まあ中には「イメージはこんな感じだから、あとは施工の方で検討ヨロシク」みたいな人もいますけど。

そういう人であっても、あとはヨロシクと言っておきながら、完成形のイメージが違うとやり直しを要求したりします。

最近はそういう「先生!」みたいな設計者を見かけない気もしますけど、これは私の環境の問題かな。

まあこれはちょっと極端な例ですけど、設計者はそれだけ建物の出来にはこだわっているということです。

今回はそんな設計者が設計図をまとめた後で、建物の納まりにどうか変わっていくのかを簡単に説明します。

続きを読んでみる »

設計者と納まりのポリシー

当サイト「建築の納まり図集」では、建築関連の細かい納まりについて詳しく解説をしていくつもりです。

だけどその前に、建築の図面と言っても色々な種類がありますよ、ということについて簡単に触れてみました。

建物を建てる手順の中には設計と施工があって、それぞれ設計図と施工図・製作図を作図していく。

細かい話はともかくとして、このくらいが理解出来ていれば問題ないんじゃないかと思います。

建築の納まり図を必要としている方が読んでいるのなら、設計か施工のどちらかに属している可能性が高い。

だとすると、そういう話は当たり前すぎる内容で、あまり有益とは言えないかも知れませんが。

これから建築に携わりたいと思っている方にとっては、ある程度は役に立つ内容ではないかと思います。

まずはさわりというか説明の順番として、簡単に建築工事のステップについて書いてみました。

今回はその少し先の話として、建築の納まりをどんな人が求めるのかについて考えてみたいと思います。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ