変更をする際に気を付けること

施工が進んでいくにつれて、設計変更はやりにくくなっていき、もし変更が出たら費用が発生するようになる。

そんな話を前回はしましたが、まあだからと言って設計変更が絶対にダメという訳ではありません。

施主の要望やどうしてもココだけは変更したいなど、やむを得ない場合も時にはある訳です。

そんな場合は覚悟を決めて設計変更をするしかありませんが……

仕方がないとは言え、やはり一度造った部分を壊したりするのは、あまり気分が良いモノではありません。

そうした事が出来るだけないようにするのが設計者の仕事です。

事前にしっかりとした検討をしておき、施主との意思疎通もきちんとやっておく必要があります。

そこまできちんと実行していて、それでも変更が出る場合がありますけど、それはもう仕方がないと言うしかない。

そんなニュアンスになります。

続きを読んでみる »

設計変更が可能なリミットとは

床仕上げ材が変更になる可能性があるのは、何も設計段階だけではない、という話を前回は取り上げました。

大きな要因としては施主の要望というものがありますが、それだけではなく、設計者による変更の可能性もあります。

変更の発信元は幾つかありますけど、施工段階になっても出来るだけ変更の対応をする必要があるんです。

もちろん、設計段階と施工段階で条件が全く同じという訳にはいきません。

設計段階に比べてプロジェクトが進行している施工段階なので、考慮すべき要素は少し増えます。

それは「工事の進行」という要素です。

当然の事ですけど、施工段階になると毎日工事が進んでいくので、変更をしたくても施工済みという場合が出てきます。

床仕上げの変更とか、そのあたりの情報が来るまでじっと待っていると、工事は予定通りに進みません。

だから時期が進んでいくに従って、建物が完成していくのは当然のことだと言えます。

まあそのあたりを設計者が良く分かっていれば、変更したい時に施工済みになっていたとかはあり得ませんけど。

と、今回はそのあたりの変更と施工段階の兼ね合いについて、少し一般的な話をしてみたいと思います。

続きを読んでみる »

施工段階で変更になる場合もある

前回は、設計段階で床仕上げ材を変更した場合、どのような影響があるのかと、各所調整が必要という話をしました。

設計図が不整合だらけにならないように、変更は意匠・構造・設備など、それぞれに伝達が必要なんです。

こうした調整作業というのは、担当者同士でしっかりとした打合せを繰り返せば、それで問題なく実行出来る話です。

だから、ここで色々と「調整が必要です」と書いても、かなり簡単な話に聞こえるかも知れません。

でも、設計する建物の規模が大きかったり、設計に取れる時間が少なかったりするなどの条件が入ると……

そうした単純な話が結構難しくなったりする場合もある訳です。

もちろんそれを何とかするのが仕事で、言い訳ばかりしても何も始まらないのは事実ですが。

ここで単純に書いているように簡単に済む話でもない、ということだけは書いておこうと思います。

全部一人の担当者で処理をすれば、そうした調整は必要なくなるんですけど、もちろんそんな話は非現実的です。

意匠・構造・設備を全部設計出来る人なんていないので、それぞれ専門分野を持って設計をしています。

だからお互いに調整が必要だということですね。

続きを読んでみる »

意匠と構造と設備の関連

床仕上げ材が変わることによって、色々とそれに絡んだ部分に検討が必要になる、という話を前回はしました。

ちょっと都合の良い断面図でしたが、実際にどんな納まりになるのかの例も交えて話をしてみました。

だから、床仕上げ材が下地に与える影響については、何となく伝わったのではないかと思います。

ただし、こうして影響が色々な部分に発生するから、設計変更をするのはダメとか、そういう話ではありません。

ここで言いたいのは、安易な変更で設計図がどんどん不整合になっていく可能性がある、という話です。

床仕上げ材を変更して、床のコンクリートレベルだけではなく梁も下げておいたから、それでOKではない場合もある。

そういう話です。

もちろん床と梁は下げておくことが絶対条件で、最悪でもそこまではやっておく必要があります。

でもそれだけではなくて、梁レベルを変えたことによって、各所に影響が出ることも確認しておく。

これは設計変更をした人の役目だと私は思っています。

続きを読んでみる »

床仕上げ変更が与える影響とは

床仕上の納まりで考えておいた方が良いポイントについて、前回は簡単にですが説明をしてみました。

床仕上げ材の下地には、人が上に載るという理由から、荷重を受けられるような構造のコンクリートが採用されます。

床仕上げ材には厚みという概念がある為、床仕上げ材が何なのかによって、下地であるコンクリートのレベルに影響が出る。

これは床コンクリートのレベルだけではなく、梁のコンクリートレベルにも影響を与える事になります。

例えばですけど、床仕上げを石にした場合には、ある程度コンクリートのレベルを下げておく必要があります。

こんな感じに。

 

床仕上げが石の場合

 

でも、これは単純に床だけを考えただけの断面図で、そこにレベルが下がっていない梁があるとこうなってしまいます。

 

梁を下げないとこうなる

 

これでは全然床仕上げ材の石が納まっていない状態なので、当然梁のレベルも下げておく必要があります。

このように、床仕上げ材が何かによって、下地である床だけではなく梁のレベルにも影響が出るんです。

だから早めの検討が必要になる、という流れですね。

仕上げ材から下地が出ないような検討をする、もしくは仕上げ材が納まる位置に下地を用意しておく。

これは床仕上げだけではなく、建築の納まり全般に言える非常に大事な要素ですから、しっかりと検討をしておくことをお勧めします。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ