覚えるべき順番も意識する

前回はビニル床タイルの納まりがどうなっているのか、という話を取り上げてみました。

まあ床下地に直接接着剤で貼る納まりは皆そうですが、非常にシンプルな納まりでしたね。

シンプルな納まりとは言え、仕上げ材の厚みと施工方法を知っておく事は非常に大事なことです。

あまり時間は掛からないと思うので、簡単に覚えてしまい、次のステップに進むことをお勧めします。

コンクリート下地に直接貼らない、少し特殊な納まりとしては、OAフロアに貼るパターンもありました。

こちらは下地のコンクリートレベルを下げておき、その上にOAフロアで嵩上げをした上に仕上げ材を貼るパターンになります。

どちらにしても、特に納まりとしては問題のない仕上げ材なので、納まりで深く悩むことは恐らくないと思います。

また、ビニル床タイルの種類として、コンポジションビニル床タイルとホモジニアスビニル床タイルの二種類を紹介しましたが……

どちらも床下地に貼る納まりなので、材料の構成が違うからと言って特に納まりが変わる訳ではありません。

とりあえずは「ビニル床タイルのは大まかに二種類あるんだ……」程度の認識で良いと思います。

今回はそんなビニル床タイルの納まりや特徴などについて、簡単にまとめてみたいと思います。

続きを読んでみる »

ビニル床タイルの納まり

コンポジションビニル床タイルとホモジニアスビニル床タイルの特徴について、今まで何回かに分けて説明をしてきました。

カタログを見たり現物を見たりすると、結構柄のバリエーションは豊富なんだな、と思うはずです。

石目などの柄も結構綺麗でビックリします。

そして、石などの「本物」の仕上げ材に比べれば安価な材料で、メンテナンスも容易という使い勝手の良い材料です。

まあ本物の石が出す質感には敵いませんけど……

本物は本物で、強い衝撃によって割れてしまったり、白くなったり濡れ色になったりする問題があるんです。

このあたりの話は床石の項目で詳しく説明するので軽く流しますけど、本物にも色々と苦労がある訳です。

そうした苦労をしつつ、コストを掛けて本物の質感を出したい場所、というのは建物の中でそれほど多くはありません。

そこまでの場所じゃない、という場合には、ホモジニアスビニル床タイルのような仕上げ材が活躍することになる訳です。

ということで今回は、そんなビニル床タイルの納まりはどうなっているのか、というあたりを考えてみることにします。

続きを読んでみる »

ホモジニアスビニル床タイルの特徴

前回はコンポジションビニル床タイルの特徴について、簡単にではありますが説明をしてみました。

コンポジションビニル床タイルというのは、まあいわゆる「普通の床仕上材」という感じでした。

ただ、普通と呼ばれるのも結構大変なことなので、それが悪いとか言うつもりは全然ありません。

ある程度手軽に感じる価格と、特に不満を感じない品質と、気にならない程度の見映え。

これらの条件を満たしたバランスがとれた床仕上材を「普通の床仕上げ材です」と呼ぶ訳です。

でもこれは意外に難しいことだったりするので、こうしたスタンダードタイプの仕上材は重宝すると思います。

ちなみに、ビニル床タイルはよく「Pタイル」と呼ばれるんですけど、これはタジマのビニル床タイルの一商品名なんです。

商品名がそのまま全体を表す言葉になる。

こうした状態は時々ありますが、ビニル床タイルとPタイルもそんな関係になっているんです。

建築関連の言葉では、天井仕上げ材の化粧石膏ボードとジプトーン、重機のバックホウとユンボなどがありますね。

少なくとも「コンポジションビニル床タイル」よりも「Pタイル」の方が全然分かりやすいですよね。

さて、そんな話はこの辺で終わりにしておき、今回はホモジニアスビニル床タイルの特徴について考えてみることにします。

続きを読んでみる »

コンポジションビニル床タイルの特徴

ビニル床タイルの大きな区分である、ホモジニアスビニル床タイルと、コンポジションビニル床タイル。

これらが具体的にどう違うのか、という話を前回は考えてみました。

バインダーの含有率とか、そういう難しくてピンと来ない数値よりも、単層なのか複層なのかの方が分かりやすいですよね。

でも今のJISでは、コンポジションビニル床タイルと、単層ビニル床タイル、そして複層ビニル床タイルに分かれています。

コンポジションビニル床タイルも単層の構成になっていますが、バインダーの含有率30%未満かどうかで呼び方が変わります。

当サイトではJIS変更前の呼び方で説明する、とは言いましたが、変更後でも結局バインダーの含有率が出てくるんですね。

まあこのあたりの区分については、別に必要がなければ無理に覚えることはないと思います。

必要なければ自然と忘れていくし、必要であれば何度も使う事になって自然と覚えておくだけです。

それよりも、それぞれの商品が持っている特徴を知ることの方が大事。

ということで、今回はビニル床タイルが持っている特徴にはどんなものがあるのか、という部分を考えてみたいと思います。

続きを読んでみる »

ビニル床タイルの区分について

ビニル床タイルの納まりなどについて説明をするつもりが、「どんな呼び方をするか」に時間を費やしています。

とりあえず呼び方の方針は決まったので、今回からはもう少し具体的な話をしていきますね。

まずはホモジニアスビニル床タイルとコンポジションビニル床タイルの違いから考えてみましょう。

ホモジニアスビニル床タイルとコンポジションビニル床タイルの違いは何かというと、材料の配合率の違いです。

ビニル床タイルの中には、バインダーと呼ばれる、塩ビ樹脂・可塑剤・安定剤などからなる接合材が含まれています。

バインダーの含有率が大きいほど柔軟性の高い床材になりますが、大きすぎるとサイズが均一にならないなどの問題が出てきます。

このバインダー含有率が……


30%以上 : ホモジニアスビニル床タイル


30%未満 : コンポジションビニル床タイル


という関係になっています。

バインダーの含有率とかで区分をするのが良いのか悪いのか、正直言って良くわかりませんよね。

続きを読んでみる »

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >

このページの先頭へ