床-防水納まり

  1. 床仕上材の品番決定まで

    今まで結構長い間、というか結構なボリュームで、床仕上材の納まりについて色々と説明して来ました。その甲斐もあって、主な床仕上材についてはほぼ網羅することが…

  2. 防水工事の重要性と漏水のリスク

    アスファルト防水の納まりを検討する際には、床だけではなく立上りも検討する必要がある。前回はそんな話をして、水を漏らさないという目的を果たすために必要な考…

  3. 防水層の範囲と立上り

    アスファルト防水を施工する部屋の床レベルを下げておく際に、そこに絡む梁も下げておく。前回はそんな基本的な話を取り上げてみました。基本的で当たり前と言…

  4. 防水施工範囲と梁のレベル

    床のアスファルト防水の納まりについて説明をする時に、床を下げることと排水溝と水勾配の話は必ずセットになってきます。床のレベルは一番最初に決めておくべきこ…

  5. 出来るだけシンプルな勾配で

    アスファルト防水を施工する部屋では、排水溝まで水を流す為に、床に水勾配を設ける必要があります。部屋の形状によっては、結構複雑な勾配になることもありますが…

  6. 水勾配と床仕上げ材の関係

    アスファルト防水を施工する部屋では、コンクリートスラブを下げて防水を施工するスペースを確保する必要があります。そして次に考えるのが、その部屋で使われた水…

  7. 水勾配の難しい部分について

    このカテゴリでは、床の納まりとしてアスファルト防水を取り上げ、前回は水を集めて排水する為の排水溝納まりを紹介しました。アスファルト防水が納まる寸法だけで…

  8. 排水溝廻りの納まり図

    前回はアスファルト防水の納まり図ということで、床の基本的な断面図を紹介してみました。コンクリートスラブの上にアスファルト防水層、その上に断熱材と押さえコ…

  9. アスファルト防水の床断面図

    前回は建物の防水工事をする際に、建築の納まりとしてはどのあたりに気を使えば良いのかについて書いてみました。まずはとにかくコンクリートの天端レベルが下がっ…

  10. 防水納まりで気を付ける点とは

    建物の中で水を使う部屋がある場合、下階に水が漏れないような対応をしておく必要があります。それを建築では「防水」と呼びますが、この防水の納まりがなかなか面…

スポンサードリンク




最近の記事

  1. 工場で製作されて現場へ

    図面について

    施工図と製作図と
  2. カーペットの納まり(フェルトあり)

    床-カーペット

    カーペットの基本納まり断面図
  3. カテゴリ区分の考え方

    はじめに

    カテゴリ区分の基本ルール
  4. 施工段階で出来ることは限られてくる

    床-納まりのポイント

    床仕上げを検討するタイミング
  5. 建物をゼロから考える

    図面について

    建築の図面は色々ある
PAGE TOP