サイト更新再開のお知らせ

今日は2013年 11月 11日。

少し前から仕事が急激に忙しくなってしまい、当サイトの記事を更新するのはかなり久しぶりとなってしまいました。

一番最近の記事で 2013年 5月 17日 ですから、かれこれ半年近く更新していないことになります。

せっかく建築の納まりについて色々と解説をやり始めたのに、残念ながら途中で止まっている状況です。

最初から読んで頂いている方に対して「これはもう少し後で説明しますね」と書いていますが、今のところ実現していない項目がたくさんある。

これを本当に申し訳なく思っています。

アクセス解析などを調べてみると、当サイトを訪問して頂いている方は結構いらっしゃるようです。

これは情報を発信している方であれば皆同じだと思いますが、とても嬉しいことで、もちろん私も嬉しく思っています。

しかし読んで頂いている方の人数が多くなればなるほど、「後で説明」が実現できていない状況が重くなってきます。

今の状態では、当サイトから得られる知識も中途半端になってしまい、役に立つサイトと呼ぶことは出来ません。

と、このまま中途半端な状態では私も落ち着かないので、これから少しずつ更新ペースを取り戻したいと思っています。

今後とも当サイトを見捨てずに訪問して頂けると嬉しいです。

具体的な納まりについての話は少しずつペースを戻していくことにして、今回は反省の意味もあるので今までの経緯を色々書いてみたいと思います。

続きを読んでみる »

好きなCADのコマンドって?

前回は「建築業界の今後は……」みたいな話をして、ちょっと評論家みたいな感じになってしまいました。

評論家っぽく書こうとすると、とりあえず危機感とか否定的な文章で何となく形になるもので、まあ言うだけなら簡単なんですよね。

ちょっと無責任な感じもしますが、前回の話はあくまでも私の個人的な考え方で、もちろんこの考えを強要するものではありません。

そんな強要なんて出来る程の内容でもないし、そんなつもりもないので、まあひとつの意見として流して頂ければと思います。

その人によって、そして今いるポジションによっても感じ方は大きく違うので、私の考え方が正解なのかは分かりません。

そして不正解なのかも分かりません。

ただ自分たちが出来る事は、自分が思ったこと、感じた事を大事にして、色々と考えていくこと。

そして、感じた危機感などをモチベーションにして、自分とその家族を守る為に行動をすること。

これくらいしか出来ることはなくて、それが結果的に不正解であっても、なにも行動しないよりは良いんじゃないかと思います。

さて、そんな退屈な話はこれで終わりにして、今回はちょっとCADにまつわる無駄話をしてみたいと思います。

続きを読んでみる »

建築業界に危機感を持つことで

前回は「株式投資ブログ」についての話が大半を占めてしまい、建築の納まりとは全然関係ない話になってしまいました。

まあこのカテゴリにある記事なので、基本的には建築の納まり図とはあまり関係ない話にはなるんですけど……

それにしても話が脱線しすぎなので、株式投資についての話は前回で終わりにしておこうと思います。

ただ、これは建築関係の仕事だけの話ではありませんが、特に建築業界は先行きが不透明な部分があります。

まあこれはかなり昔から言われている事です。

それでも今現在、私がプロとして食べていけているので、まあ問題はないのだとは思いますが。

もちろん建物を建てるという仕事がなくなる事はない、というのは頭では理解出来ているつもりです。

でも、人口がこれから減るかも知れないという時代にあって、新しい建物をバンバン建てるのが正解なのか、正直私には分かりません。

ビジネスというのはお客さんのニーズに沿った商品やサービスを提供することで、はじめて成り立つもの。

「建物を建てたい」というニーズが減っていく中で、それがビジネスとして成長していくのかどうか。

これが心配なんですよね。

続きを読んでみる »

文章が進む時とそうでない時

前回は床仕上げ材の話をするつもりが、「好きな仕上げ材」というフレーズに引っ張られた雑談をしてしまいました。

まあこういう話というのは仕事の合間にすると、意外にも結構盛り上がったりするんですよね。

今は私だけでこうして書いているので、あまり盛り上がりようがない、という状況になってます。

ちなみに、こうした内容の文章を書くのは、何というか気楽なのでどんどん進んで行くのが良い感じです。

息抜き的な感じなので、時々は良いかも知れません。

建築の納まりとは全く関係ない話ですが、私はこれとは別に、株式投資日記みたいなブログを運営しています。

そこに書く文章は、取引の結果とその時に思ったことをどんどん書いていくので、あっという間に文章が完成します。

内容が充実しているかどうかは、全然自信がないですけども。

と、今回は色々なサイトに文章を書くことについて、何となく思うところを書いてみることにします。

たまにはこういう話も、私にとっては良いかも知れません。

続きを読んでみる »

好きな仕上げ材というフレーズ

前回はカーペットの納まりその他について、結構長くなってしまいましたが色々と話をしてきました。

カーペットはなかなかグレードが高めで、柔らかさと高級感を兼ね備えている、優れた床仕上材です。

私個人としてはかなり好きな仕上材のひとつです。

む……自分で書いておきながらアレなんですけど、好きな仕上材っていうのはかなり変わった表現かも知れません。

一般的にはそういう表現ってあまりしない、というか、そういう発想自体があまりないですよね。

今回はちょっと休憩ということで、そのあたりの無駄話を少しだけ書いてみようかな。

本当は床仕上材として「塗床」関連の話をしようと思っていましたが、これは次回に回すことにします。

完全な雑談になりそうな予感がしますから、興味のない方は別の記事に進むことをお勧めします。

(これは塗床のカテゴリに納めていた内容でしたが、塗床とは完全に関係ない記事になった為、別のカテゴリに移動しました)

続きを読んでみる »

このページの先頭へ