化粧打放し用のパネコート

コンクリート化粧打放し仕上を採用する壁面では、まず型枠の割付検討が必要になる、という話を前回は取り上げました。

意匠的に力を入れる場所に採用される壁なので、線と穴をどう見せるか、スイッチなどとの取合をどうするかなどの検討が必要なんです。

そうした事前検討が必要ない程度の場所であれば、そもそもコンクリート化粧打放しは必要ないんじゃないか。

と、これはちょっと極端な意見かもしれませんが、それくらいのニュアンスがこの仕上にはあると思っています。

コンクリート化粧打放し仕上をする場合、型枠の割付も必要なんですけど、使う型枠自体も通常とは違うものになります。

化粧打放し部分には、コンクリートが接する面にコーティングが施された「パネコート」と呼ばれる型枠を使います。

この色を見て「見かけたことがある」と思った方も多いかも知れませんが、こんな感じの型枠です。

 

 パネコートのイメージとは

 

化粧打放しではない部分の型枠には、特にコーティングしていない合板を使うので、仕上がりが全然違ってくるんです。

設計図では特にそこまで記載する場所はありませんが、施工図を描く方であれば、躯体図には型枠の使い分け表現が必要になります。

今回はそんなパネコートの規格サイズについての説明と、割付をする際のポイントなどを書いてみたいと思います。

続きを読んでみる »

型枠の割付がまずは必要

コンクリート化粧打放し仕上について、今までは色々と「何が難しいか」を挙げて来ました。

元々は骨組みとして考えられているコンクリートを、仕上としてそのまま見せるという化粧打放し仕上。

これは「コンクリートの上には何も貼らない」ということなので、逃げがきかないという問題からどうしても離れられません。

コンセントやスイッチなどの計画を出来るだけ早くして、施工にも気を配れば済む、という意見も確かにあります。

しかし現実を考えるとそれが難しいんですよね。

そうした色々な問題点をクリアすると、意匠的には優れた、見映えの良い壁が出来上がります。

頑張った甲斐があるかどうかは、人それぞれの感じ方があるとは思いますが、意匠性の高い仕上であることは間違いありません。

美術館とかでこうした仕上を見ると、やっぱり化粧打放しは良いよな、と思ったりします。

個人的な感想ですが、学校や病院などではあまりマッチしない気がするので、やはり建物の種類を選ぶ仕上ではないかと思います。

続きを読んでみる »

スイッチなどを埋め込む場合に

前回はコンクリート化粧打放し仕上の壁が持っているリスクとして、外壁の場合は内側に断熱材を施工できないという点を挙げました。

断熱材の有無というのは、建物を快適に利用できるかどうかを左右する、かなり大きな要素になります。

意匠を優先した場合、その重要な要素である断熱材の施工がやりにくくなる、というのは大きな問題だと私は思っています。

特に自宅の居間など毎日過ごすような場所であれば、デザイン性よりも快適さを追い求めた方が良い。

少なくとも私は建物に対してそういう考えを持っています。

もちろん考え方は人それぞれですから、刺激的な空間に住みたいと思う方がいてもおかしいとは思いません。

でも、やっぱりデザインというのは機能を満たして始めて検討されるべきものではないか……と思ってしまいます。

私の自宅であれば、別に石膏ボードにクロスでも構わないので、冬に寒かったり結露などがない空間としたいものです。

と、前回紹介した問題点にはまだ残りがありました。


・コンセントやスイッチなどを埋め込むのが大変

・材質としては冷たくて固い


壁としての質感の冷たさはさておき、今回はスイッチ関連の埋め込みについてもう少し考えてみたいと思います。

続きを読んでみる »

コンクリート化粧打放しで困る点

コンクリート壁納まりのひとつ、コンクリート化粧打放し仕上の問題点を前回は取り上げてみました。


・施工時期の早い段階で仕上を考慮する必要がある

・一発勝負という怖さがある


まあこれらの要素は問題点というか、施工する側が大変に感じる部分だったりする訳ですけど。

あまりにも施工が現実的ではない場合は、設計者が意図するデザインが実現できないことを意味します。

頭の中にある考えが絵に描いた餅にならないためにも、ある程度は施工に目を向ける必要があると思います。

「これはどうやって施工するのか」とか「これでは人が入れない」など、あまり施工を意識し過ぎるのも問題ではあります。

施工性ばかりを考えてしまうと、今度はデザインが悪くなりがちという問題もあるので、バランスが難しいところです。

施工が大変なのは確かですけど、コンクリート化粧打放し仕上が良い感じの意匠なのも確かですから。

それを、施工が大変だから打放しは止めて吹付けにしよう、とかになったら設計者なんて必要ないですよね。

今回はそんなコンクリート化粧打放し仕上の壁で、まず出てくる納まり上の問題点を考えてみます。

続きを読んでみる »

化粧打放しコンクリートの怖さ

コンクリート下地壁納まりの中で、コンクリート面をそのまま見せる「化粧打放し仕上」は非常に特殊な存在です。

施工の工程を考えた時に、骨組みを施工する初期段階で、最終的な仕上状態を造っておく必要がある。

これがまずは化粧打放し仕上を特殊にしている要因のひとつです。

もちろん、骨組みを施工する段階に仕上を意識しないといけないのは、化粧打放し仕上だけではありません。

最終的な仕上と骨組みの関係を検討して、コンクリートが邪魔をして仕上が納まらない、ということがないようにする必要があります。

そうしないと、防水をする為に床を下げておきたかったのに、肝心の梁が下がっていないという状況になりかねません。

そうならない為に、実際に建物を建てる前に図面を描いてみる必要があって、それが図面の存在意義でもあるんです。

だから、仕上を意識しなければならないのは皆同じではあるんですけど、化粧打放しは仕上の表面までを躯体工事の時に造る必要がある。

これが大きな違いではないかと思います。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ