過去の記事一覧

  1. 図面を描くには知識が必要

    UL工法の一般納まり図

    コンクリート壁下地に対してUL工法で石膏ボードを張っていく場合、施工の基本的な流れがどのようになっているのか。というあたりの話について、前回は簡単にではあります…

  2. UL工法の概略図

    UL工法の概要について

    コンクリート壁下地に対して薄型の軽鉄下地を組んでいき、その上に石膏ボードを張っていくというUL工法。GLボンドを使ったいわゆる「湿式工法」に比べると、薄いとは言…

  3. 図面は情報伝達ツールなので…

    UL工法とその特徴を考える

    コンクリート壁を下地として、その上に石膏ボードをボンドで張っていく。これがGL工法の概要ですが、前回はそんなGL工法の基本的な納まりがどのようになっているのか、…

  4. GL工法1枚張り納まり

    GL工法の基本納まり図

    コンクリート壁を下地として、その上に石膏ボードを張っていくやり方の中で、GLボンドを使って張っていく「GL工法」の特徴について前回は考えてみました。良いところも…

  5. 仕事に必要な時間が多すぎて…

    GL工法の特徴を考えてみると

    コンクリート壁を下地として、その表層に石膏ボードを張る納まり。前回はその基本的な考え方や工法の種類について話をしてみました。コンクリートの表面をそのまま見せて終…

  6. GL工法のイメージ

    石膏ボードを張る方法について

    建物を構成する壁の中で、コンクリートの壁をそのまま見せたいと考えた場合、どのような部分に気を使って検討を進めていけば良いのか。というあたりの話を前回のカテゴリで…

  7. 石膏ボード

    石膏ボードを張る場合の特徴

    前回のカテゴリでは、コンクリートを下地とした壁の中で、主にコンクリートの表面がそのまま見えてくるパターンについて色々考えてみました。コンクリートを打設する場合に…

  8. 型枠の転用

    コンクリートそのままの場合

    前回はコンクリート化粧打放し仕上について、私の個人的な考えを色々と書いてみようと思ったのですが、あまりポジティブな文章にはなりませんでした。要するに私はあまりコ…

  9. 建物はどうしても劣化する

    コンクリート打放しの劣化について

    コンクリート化粧打放し仕上の特徴とか、施工する前段階で検討しておきたい要素がどこにあるのか、という部分について今まで色々と話を進めてきました。話がだいぶ長くなっ…

  10. 化粧打放しは結構採用される割合が高い

    コンクリート化粧打放しのまとめ

    コンクリート化粧打放し仕上の納まりを考える際に、どうしても切り離して考えることが出来ないのが誘発目地の位置になります。見た目としてはあまり良くないので入れたくな…

スポンサードリンク




おすすめ記事

  1. 廻り縁のイメージ
  2. 調整は結構大変な作業になる
  3. パーティションの一例
  4. 防水層の簡易イメージ
  5. カテゴリ区分の考え方
  6. 施工段階では打合せが多くなる
  7. ウール
  8. 仕事に必要な時間が多すぎて…
  9. UL工法の概略図
  10. 上から目線…
  1. 石膏ボード

    壁-RC+石膏ボード

    石膏ボードを張る場合の特徴
  2. 床タイルのイメージ

    床-納まりのポイント

    床仕上げ材の代表的な例
  3. 床仕上材の品番はたくさんある

    床-防水納まり

    床仕上材の品番決定まで
  4. 排水溝の平面図例(改善)

    床-防水納まり

    水勾配の難しい部分について
  5. 建物を造る仕事は楽しい

    壁-下地による区分

    壁の下地によるカテゴリ区分
PAGE TOP