LGS壁の手軽さについて考える

前回は簡単にLGS壁の特徴を紹介しました。

同じ壁として、どうしてもコンクリートで作る壁と比較することになってしまいがちなので、特徴もそうした部分が多かった気がします。

コンクリートに比べると……


・薄くて済む

・施工が早い

・軽い

・ただし強度はやや劣る

・水には弱い


という特徴を持っているのがLGS壁です。

コンクリートより強度が劣ることがデメリットと言えるかは、正直言ってかなり微妙なところだと思います。

それでも充分な強度を持っている壁だからこそ、大抵の壁はLGS下地で作られることになる訳ですから。

今回はもう少しLGS壁の特徴について考えてみて、その後もっと細かい部分の説明に進んでいくことにしましょう。

続きを読んでみる »

サイト更新再開のお知らせ

今日は2013年 11月 11日。

少し前から仕事が急激に忙しくなってしまい、当サイトの記事を更新するのはかなり久しぶりとなってしまいました。

一番最近の記事で 2013年 5月 17日 ですから、かれこれ半年近く更新していないことになります。

せっかく建築の納まりについて色々と解説をやり始めたのに、残念ながら途中で止まっている状況です。

最初から読んで頂いている方に対して「これはもう少し後で説明しますね」と書いていますが、今のところ実現していない項目がたくさんある。

これを本当に申し訳なく思っています。

アクセス解析などを調べてみると、当サイトを訪問して頂いている方は結構いらっしゃるようです。

これは情報を発信している方であれば皆同じだと思いますが、とても嬉しいことで、もちろん私も嬉しく思っています。

しかし読んで頂いている方の人数が多くなればなるほど、「後で説明」が実現できていない状況が重くなってきます。

今の状態では、当サイトから得られる知識も中途半端になってしまい、役に立つサイトと呼ぶことは出来ません。

と、このまま中途半端な状態では私も落ち着かないので、これから少しずつ更新ペースを取り戻したいと思っています。

今後とも当サイトを見捨てずに訪問して頂けると嬉しいです。

具体的な納まりについての話は少しずつペースを戻していくことにして、今回は反省の意味もあるので今までの経緯を色々書いてみたいと思います。

続きを読んでみる »

LGS壁の特徴は何か

このカテゴリで取り上げるLGS壁について説明をする際に、まずは「そもそもLGSって何か」を前回は考えてみました。

LGSというのは石膏ボードを張る為の下地で、薄くて軽い鉄で出来ている、というような話を写真付きで書いてみました。

これで何となくでも良いので、LGSというのがどのような材料なのか、どのように使われるのかがイメージ出来たでしょうか。

図面を描くことを仕事にしてしまうと、作図する対象を自分の目で見る機会があまりなくなる場合があります。

図面を描くのは結構時間と集中力を必要とする作業なので、なかなか現物を見に行く時間が取れないんです。

しかし、気の利いた図面を描くためには、やはり自分が今描いているのはどんなモノなのかを知っておく方が良い。

これは間違いのない事実ですから、出来るだけ自分が作図する対象は、自分の目で見て手で触れてみることをオススメします。

これは当たり前の話ですが、自分で見たこともなくて、どんな特徴を持っているのかを知らないモノを上手く表現することは難しいです。

頭の中でイメージが出来ていれば、それを図面としてまとめる為に必要な時間も短くて済みます。

など、色々な効果があるので、まずは「現物を見ること」が重要ではないか、と私は思っています。

今回は、出来るだけ知識を増やしておきたいという目的があるので、LGS壁の特徴をいくつか紹介していきます。

続きを読んでみる »

LGSとは何かを考える

前回のカテゴリでは、コンクリート下地壁の納まりについて、色々と説明をして来ました。

ちょっと長い話になってしまいましたが、コンクリートは建物を構成する上で欠かすことが出来ない材料です。

そうしたコンクリートが下地になっている壁がどのように納まるのか、そのバリエーションはどの程度あるのか。

そのあたりを知っておくことは、建築の納まりを覚えていく上で、避けて通ることの出来ない項目だと言えます。

そして、このカテゴリで説明する「LGS壁」も、コンクリート下地壁に負けないくらい重要な要素なんです。

室内の色々な部屋を区切っている壁で、LGS壁というのは最もポピュラーな壁ではないか。

個人的にはそう思っています。

今までコンクリート下地の壁について色々説明してきたので、順番からすればALCとか押出成形板などが先なのかも知れません。

しかし、建物全体の中でどの程度採用される箇所があるのか、という考え方で比較をすると……

ALC壁や押出成形板よりも、確実にLGS壁の方が多くなるはずです。

まあ結局は全てを覚える必要があるので、順番が変わるだけの話ではあるんですけど、やはり順番は重要です。

まずはよく使われる無難な納まりから覚えていく、ということで、今回はLGS壁の概要について説明をしてみます。

続きを読んでみる »

コンクリート下地+石膏ボードまとめ

コンクリートの下地に石膏ボードを張る場合の納まり、という内容でこのカテゴリでは色々と説明をしてきました。

途中まで「コンクリート下地」というカテゴリに入れて説明していましたが、どうにも長すぎるのでカテゴリを分けました。

ただ、つい先程カテゴリを分けたので、文章の流れで微妙におかしなところが出ているかも知れません。

これは建築の納まりとはあまり関係のない話なので、それほど問題にはならないんじゃないか、と私は思ってます。

コンクリート下地に石膏ボードを張る、ということだけを考えても、そのパターンは幾つかありました。


・GL工法

・UL工法

・LGSを建てる


厳密に区分をすると、LGSを建てるというのはコンクリート下地ではありませんが、GL工法をやめてLGSを建てるのは結構あることです。

なので、あえてコンクリート下地の項目にも、このようにLGSを建てる工法を紹介しました。

LGS壁はLGS壁でもっと色々なバリエーションがあるので、それは後で詳しく説明をしていこうと思っています。

今回はコンクリート下地+石膏ボードという壁仕上の納まりについて、簡単にではありますが、まとめてみたいと思います。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ