コンクリート壁と縁を切るという概念


石膏ボードを張る為の下地として、コンクリート壁と柱の動きが違う。

これは、構造スリットという考え方がある場合に、どうしても避ける事が出来ない状況になります。

そのままGL工法で石膏ボードを張った場合には、後々で仕上にヒビが見えたりする状態になりやすい。

それを避ける為には、ちょっと意匠的には今ひとつだけども、石膏ボードに目地を入れる必要があります。

……というような話を前回はしました。

この「ボード目地」というのは一見地味ですが、施工段階できちんとした計画が必要な項目なんです。

建物が完成して半年くらいしたら、壁面に目立つひび割れが入っているとか、壁紙が微妙に切れそうになっているとか。

そうした状態はクレームの大きな要因になるので、極力避けるべく努力をしていく必要があるんです。

まあクレームが来るとか言う以前に、竣工後すぐに壁が汚い状態になるような建物を設計したくないですよね。

そうならない為の方法として、石膏ボードに目地を入れるやり方を紹介しましたが、今回はLGSを建てる場合にどうなるか。

これをサラッと考えてみることにしましょう。

続きを読んでみる »

スリット部に目地が必要な納まり


コンクリート壁に対して直接石膏ボードを張るのではなく、隙間を設けてLGSを改めて下地として建てる。

このやり方をすると、コンクリートの動きが直接石膏ボードに伝わらない状態になります。

コンクリート壁の種類によっては「構造スリット」が必要になる場合もあって、そこに石膏ボードを施工する場合には注意が必要になります。

構造スリットというのは、コンクリート壁の動きを柱に伝えないようにする、という目的があります。

なので、大きな地震が発生した際などには、柱と壁はどうしても違う動きになってしまうんです。

そうしたコンクリート下地に対して、直接GLボンドなどで石膏ボードを張っていく。

もちろん施工的に全然不可能ではありませんが、後々の壁仕上のことを考えた場合には、あまりお勧めすることが出来ません。

若干話が別の方向に向かっている気がしていますが、今回はそのあたりについてちょっとだけ考えてみることにしましょう。

続きを読んでみる »

コンクリート下地と縁を切る考え


コンクリートの壁という下地があるにも関わらず、石膏ボードを張る為の下地としてLGSを建てる場合があります。

前回は、こうして改めて下地を建てる場合のメリットがどこにあるのか、という話を考えてみました。

壁面にコンセントやスイッチを埋め込むとか、給水管や排水管があるとか、状況はその場によって色々あると思います。

しかし目的は「そうした器具を壁の中に隠蔽する為」で、コンクリート面から仕上面を離す意図はそこにあります。

また、これは地味な話かも知れませんが、工事の種類が統一されるというメリットも実はあります。

LGS下地に石膏ボードを張る人と、コンクリート下地にGL工法で石膏ボードを張る人は同じではありません。

そうなると、違う業種の人が丁度良いタイミングで現場に入って、という調整が多少は出てきます。

それは現場を進める監督さんの仕事ですけど、下地が全部LGSの場合は作業が少しだけシンプルになるんです。

まああまり大きな話ではありませんが。

今回は引き続き、コンクリート壁の隣にLGS下地を建てる場合について、納まりなども含めて考えてみることにします。

続きを読んでみる »

コンクリート壁+LGSにする意味


前回は、GL工法に比べてUL工法が選ばれにくい理由を、私の個人的な見解で色々と書いてみました。

GL工法とLGS工法の中間という立ち位置のUL工法ですが、まあ何というか中途半端という気がするんです。

仕上厚を薄くしたいのならばGL工法で良くて、GL工法が無理なところはLGSを建ててしまえばOK。

そんな考え方をすると、UL工法の出番があまりなくなってしまうんです。

昔はGLボンドが空気中の湿気を吸ってしまい、カビが発生する可能性があって、という意見もありました。

だからUL工法を使う、という考え方です。

しかし今のGLボンドは防カビ対策がなされているので、余程極端な環境でない限りは問題ない性能になっています。

まあ私がその性能を保証できるような立場にいる訳ではないので、事前にメーカーへの確認が必要になりますが。

そうした要素を考えていくと、UL工法という選択肢は、かなり幅の狭い工法になってしまうのではないか。

というのが私の個人的な感想になります。

今回はコンクリート壁下地の最後と言うことで、LGSを建ててしまう場合のメリットとデメリットを考えてみます。

続きを読んでみる »

UL工法が選ばれない理由とは


UL工法の一般納まり図がどうなっているのか、というあたりの話を前回は紹介してみました。

GL工法について説明した時にも書きましたが、ULスポンジとかULボンドなどを図面に表現する必要はありません。

それは施工をする際に必要な部材であって、図面で重要なのはどの工法を採用するのかと、適切な寸法なのかです。

下地の位置から考えられる壁の位置が、UL工法の許容範囲内に設定されていれば、図面としてはOKです。

逆にULスポンジなどを大量に描き込んでいく方が、図面が見づらくなってしまうので歓迎されません。

その図面では何が求められるのかを考えれば、ULスポンジやボンドが不要であることは分かると思います。

どんなに細かい図面であっても、その図面を見てULスタッドを建て込む訳ではありませんから。

中途半端に知っている人が、そうして自分が知っていることを全て図面に盛り込むことをやりがちなんですけど……

そうした知識の量を誇示するよりも、その図面の目的が何なのかを掴んでおく方が大事だと私は思っています。

さて、UL工法についての話はこのへんで終わりにしておいて、今回は改めてLGSを立てる場合について考えてみましょう。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ