UL工法の一般納まり図

前回はUL工法の基本的な流れと概要について、簡単にではありますが説明をしてみました。

こうして工事の流れとか概要を説明している私自身は、実際にULスタッドを建てた経験がありません。

しかし、どういった流れで工事が進むのかの知識は持っているので、とりあえずはそれで充分なんです。

実際にULスタッドを建て込む際に、どのようなことに気をつけて施工をすれば良いのか……

そうした、もっと現場よりの実務的な知識や経験が必要になる作業もあるとは思いますが、図面だけであればそこまでの知識は必要ありません。

図面と納まりを考える場合には、それぞれの工法が持つ特徴と、納まりの図面が頭に入っていればそれでOKです。

と言うことで今回は、コンクリート下地にUL工法を採用した場合、どのような納まりになるのかを取り上げてみます。

続きを読んでみる »

UL工法の概要について

コンクリート壁下地に対して、薄型の軽鉄下地を組んで、その上に石膏ボードを張っていくというUL工法。

GLボンドを使ったいわゆる「湿式工法」に比べると、薄いとは言え軽鉄下地を組む「乾式工法」という部分が大きな特徴になります。

ボンドを使わない分だけ湿気に強く、下地の動きに追従する性能があって、しかも必要寸法は少ない。

そんなに優れた工法だったら、GL工法よりもUL工法の方が良いんじゃないか、という気になったりします。

しかしコストはGL工法よりも高いので、コストと性能のバランスを色々と考えてみると……

結局はGL工法に軍配が上がるケースが多いように思います。

低コストで施工できるというのは、もうそれだけで圧倒的に有利な条件を持っていることになる訳です。

少し高くても採用したい、と思わせるには、それなりのメリットを示す必要があるということですね。

さて、そんな感じであまり私の中では使用頻度が高くないUL工法ですが、納まりの方はどうなっているのでしょうか。

仕上がり寸法が薄くて済むという特徴を持っていますが、どの程度で壁が仕上がるのか。

今回はそのあたりを具体的に考えてみることにしましょう。

続きを読んでみる »

UL工法とその特徴を考える

前回はコンクリート下地に石膏ボードを張っていく、GL工法の基本納まり図を紹介しました。

当サイトでは「実際にどう納まっているのか」を説明したいが為に、あえてGLボンドの絵を記載しましたが……

考え方さえ理解できていれば、図面を描く際には前回のようなボンドの絵を描く必要はありません。

コンクリート面に石膏ボードがあって、仕上まで30mmで「GL」と書いてあれば誰でも分かることです。

「ボンドの記載がないんですけど、もしかしてGL工法とは違うんですか?」と言われたことは今まで一度もないですから。

そのあたりはさすがに皆建築のプロですから、ボンドなどの余計な表現をしなくても大丈夫です。

もしそういう苦情を言ってくる人がいたら、きっとその人は全く建築を知らないか、始めたばかりの人でしょう。

もしくは、単純に嫌味を言いたいだけの人なので、いずれにしても相手にしなくて良いんじゃないかと思います。

さて、少し話がそれましたが、GL工法についてはひとまず説明が済んだので、今回はUL工法を取り上げます。

続きを読んでみる »

GL工法の基本納まり図

前回はコンクリート下地に石膏ボードをボンドで張る、GL工法の特徴について考えてみました。

ボンドというのがGL工法の最大の特徴ですから、ボンドの特徴がそのままGL工法の特徴になる、という感じですね。

ボンドというのはある程度自由な形状を持っているので、コンクリートがデコボコしていても、仕上はきちんと平滑になります。

しかしあくまでもボンドなので、湿気を吸ってしまうような部屋は出来るだけ避けておく必要がある。

そして、コンクリートと石膏ボードを密着させるという特徴から、遮音性能の低下という問題も出てくる訳です。

しかしそうした特徴をしっかりと知っておくことが出来れば、GL工法は使い勝手の良い施工方法として大いに役だってくれるはずです。

今回はそんなGL工法が、実際にはどんな納まりになるのか、というあたりの話をしたいと思います。

以前GL工法の写真を紹介しましたが、それで大体分かってしまうような気はしていますが……

続きを読んでみる »

GL工法の特徴を考えてみると

コンクリートの壁下地に石膏ボードを張る納まりにも、幾つかのバリエーションがあります。

その中で、恐らく最もオーソドックスで採用されやすい「GL工法」を前回は紹介しました。

GLボンドを使ってコンクリート面に接着する工法は、多く採用されるだけあって、色々なメリットがあります。

もちろんその反面デメリットもある訳ですけど……

そうした特徴をしっかりと掴んでおき、採用する場所をきちんと選べば全く問題にはなりません。

これはどんな仕上材でもどんな工法でも、同じような話が言えるんじゃないかと思います。

デメリットという表現をすると、何となくダメな部分というイメージがつきまといますけど、実際にはそんなことはありません。

特定の条件になった場合に、その工法は適さないというだけの話で、それはその工法の特徴というだけの話です。

と言うことで、今回はGL工法の良いところとそうでもないところ、その特徴について色々と書いてみたいと思います。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ