サイズ

  1. パネコートのイメージとは

    化粧打放し用のパネコート

    コンクリート化粧打放し仕上を採用しようとする場合には、まず打放し仕上がどのような特徴を持っているかを把握しておく必要があります。コンクリート下地がそのまま見えてくる、というか見せることになる壁なので、下地をつくる段階で表面を綺麗に仕上げておく必要がある。また、コンクリートを打設した状態をそのまま見せるため、コンクリート…

  2. 既製品は定尺が決まっている

    標準サイズが決まっていると……

    ALCや押出成形セメント板など、工場で製作して現場で取り付けるタイプの製品は、現場での施工がシンプルになるというメリットがあります。しかしその分だけ事前の計画が重要になってくるというか、あらかじめ図面によって細かい部分についての検討を進めていく必要があります。そうした検討を踏まえて、そこで決まった寸法で工場製作をかけて…

  3. 原石の加工風景

    床石のサイズと割付と

    床仕上材として石を採用する場合はどのような表面処理が良いのか、という話について個人的な好みも少しありつつ、一般的な話を前回は取り上げてみました。結局色々な表面処理がありましたが、床仕上材で採用出来る最も無難なものはジェット&ポリッシュではないか、という話でした。石を床に張る場合には、安全を重視して表面仕上として本磨きを…

  4. タイルサイズのイメージ

    タイルサイズと目地の関係

    前回は床タイルの納まりについて検討をする際に、タイルのサイズについて考えることと、タイルには目地があるという話を簡単に紹介しました。目地はタイルを納めるために必要なもので、目地がないとタイルは仕上材として成り立たなくなってしまいます。なので、タイルと目地は自然とセットで覚えていくことになります。また、目地という言葉はタ…

  5. タイル目地のイメージ

    タイルの大きさと目地

    床タイルを施工する際には、下地となるコンクリートスラブのレベルを下げておくことを検討していく必要があります。というような話を前回は紹介しました。どの程度下げておくのかは、タイルの厚み+施工に必要な寸法+ある程度の施工誤差を吸収出来る寸法という計算になります。具体的には50mm程度下がっていれば間違いなく納まる寸法だと言…

  6. タイルカーペットの施工状況

    タイルカーペットとは

    床仕上材であるタイルカーペットの特徴や納まりを説明する前の話として、その下地のひとつとなるOAフロアについての話を前回は取り上げました。タイルカーペットとOAフロアは結構深い関係にあるので、床仕上材について知るついでにOAフロアについても覚えておく。それぞれの納まりは少しずつ関わりがあるものですから、そうやって関連づけ…

スポンサードリンク




おすすめ記事

  1. 施工はタイミングが重要になる
  2. コンクリート直張り
  3. 仕事に必要な時間が多すぎて…
  4. 株式投資の記録とか…
  5. タイルカーペットの施工状況
  6. 工場で製作されて現場へ
  7. アントワープ港湾局
  8. コンクリート化粧打放しの建物
  9. 建物の外壁例
  10. 建物に必要な窓
  1. 建物をゼロから考える

    図面について

    建築の図面は色々ある
  2. ウール

    床-カーペット

    カーペットの素材による違いとは
  3. 施工段階では打合せが多くなる

    設計と施工と

    施工者と設計者の立場の違い
  4. ボード目地のイメージ

    壁-RC+石膏ボード

    コンクリート壁と縁を切るという概念
  5. 床は滑りにくさも重要

    床-石

    表面仕上-本磨きと水磨き
PAGE TOP