仕様

  1. LGSのサイズを決定する手順

    LGS壁というのは、天井から下にあれば良い場合と、天井裏にも必要な場合があって、それによってLGSのサイズが変わります。特に必要とされない場所で天井裏に…

  2. 仕様の選択とコストの関係

    今までの話の中で、まずはLGS壁の種類について、求められる性能毎にいくつか紹介をしてきました。建物の用途や構造、建物の規模、そして設置される場所によって…

  3. 石膏ボードの仕様と省略形

    前回は石膏ボードの仕様について説明し、まずは厚みと大きさにはどんな種類があるのかを紹介しました。壁というのは石膏ボードよりも必ず大きい面を持つことになる…

  4. LGS仕様を先に決めておく理由

    前回はLGS壁の下地であるLGSの仕様と、その使い分けの基本的な考え方を紹介しました。LGS50型  : 高さ 2.7m以下(ただしボード片面のみ)…

  5. LGSの仕様と使い分けの方針

    前回まではLGS壁の特徴について色々と説明をしてきましたが、メリットとデメリットについてはもう大丈夫だと思います。なので、そろそろ次のステップとして、も…

  6. 木下地壁の特徴とは

    建物内部でよく使われる壁の種類であるLGS壁、その特徴とイメージについて前回まで色々と話をしてきました。私の長い説明よりも、「これです」という写真を見た…

  7. ALC壁の特徴とは

    途中から自分の経験談に変わってしまいましたが、前回はRC壁の特徴について簡単に説明をしてみました。RC壁は性能としては申し分ない壁なので、採用する機会も…

  8. RC壁の特徴と大変なこと

    ちょっと話が長くなってしまいましたが、前回は壁の種類ごとに異なる特徴を知ることの重要性について書きました。RC壁を採用するか、それともLGS壁を採用する…

  9. 材料毎に異なる壁の特徴を知る

    建物を構成する壁の大まかな区分がどんな感じなのか、という話を前回までは取り上げてきました。概要なので簡単過ぎる説明で、その壁がどんな納まりになっているの…

スポンサードリンク




最近の記事

  1. それぞれの部署で調整が必要に

    設計変更が与える影響

    意匠と構造と設備の関連
  2. 建物はメンテナンスによって長持ちする

    図面について

    建物が完成した後の話で
  3. 床カーペットのイメージ

    納まりの区分け

    床納まりの概要について
  4. 選択肢が多いという強み

    設計と施工と

    納まりの正解と選択肢の数
  5. フローリングのイメージ

    床-フローリング

    フローリングとその特徴-1
PAGE TOP