床仕上げ変更が与える影響とは

床仕上の納まりで考えておいた方が良いポイントについて、前回は簡単にですが説明をしてみました。

床仕上げ材の下地には、人が上に載るという理由から、荷重を受けられるような構造のコンクリートが採用されます。

床仕上げ材には厚みという概念がある為、床仕上げ材が何なのかによって、下地であるコンクリートのレベルに影響が出る。

これは床コンクリートのレベルだけではなく、梁のコンクリートレベルにも影響を与える事になります。

例えばですけど、床仕上げを石にした場合には、ある程度コンクリートのレベルを下げておく必要があります。

こんな感じに。

 

床仕上げが石の場合

 

でも、これは単純に床だけを考えただけの断面図で、そこにレベルが下がっていない梁があるとこうなってしまいます。

 

梁を下げないとこうなる

 

これでは全然床仕上げ材の石が納まっていない状態なので、当然梁のレベルも下げておく必要があります。

このように、床仕上げ材が何かによって、下地である床だけではなく梁のレベルにも影響が出るんです。

だから早めの検討が必要になる、という流れですね。

仕上げ材から下地が出ないような検討をする、もしくは仕上げ材が納まる位置に下地を用意しておく。

これは床仕上げだけではなく、建築の納まり全般に言える非常に大事な要素ですから、しっかりと検討をしておくことをお勧めします。


■色々な絡みがある

床仕上げ材の検討がまだ設計段階であれば、変更してもそれほど大きな影響が出ることはありません。

とは言っても、全く影響がない訳ではないので、安易に床仕上げ材を変更するのは避けたいところです。

設計段階の変更であれば、工事の工程が間に合わなくなるとか、そういう話はまだないですから。

でも、設計を変更をすることによって、意匠図と構造図の整合性が保てなくなる、という部分が心配。

床仕上げ材を変更する際には、単純に仕上げ表の文字を変えることも必要ですが、もちろんそれだけでは済みません。

先程も断面図で表現しましたが、床仕上げ材によって下地コンクリートのレベルをどうしておくべきか。

そして、床が下がったことによって、梁を下げておく必要がないかの検討も必要になります。

さらには、梁を下げる必要が発生した場合、下階の天井との関係がどうなるかの検討も必要になります。

例えば1階のコンクリートレベルを安易に下げた結果、このように地下階の天井が納まらなくなる場合もある訳です。

 

梁下げと下階の天井

 

梁の下端レベルから天井まで40とありますが、下地を含めて天井を普通に仕上げる為には100程度必要です。

上図に書いている19と38は天井の下地を示していて、それが梁と干渉していて下地が通らない状態になっています。

まあこれはちょっと都合の良すぎる例ですけで、実際にもこのような状況は結構発生して設計者を困らせるんですよね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ