LGSのサイズを決定する手順

LGS壁というのは、天井から下にあれば良い場合と、天井裏にも必要な場合があって、それによってLGSのサイズが変わります。

特に必要とされない場所で天井裏にも壁を設けたりすると、大きなLGSを採用することになり、コスト的にも不利。

だからこそ、必要最小限の範囲だけを天井裏までLGS壁として、それ以外の部分は天井から下の壁にしておきたい。

そんな話を前回までしてきましたが、今回はもう少し具体的な数字を出して話を進めてみます。



■LGSのサイズ


以前も書いたと思いますが、LGS壁の下地となるLGSの仕様というのは、以下のような区分になっています。


LGS50型  : 高さ 2.7m以下(ただしボード片面のみ)

LGS65型  : 高さ 4.0m以下

LGS90型  : 高さ 4.5m以下

LGS100型 : 高さ 5.0m以下


各LGSには使用できる高さの上限がありますから、壁をどこまで施工するのかによってLGSのサイズが変わってくる訳です。

具体的な例を挙げてみると、断面図で下図のような壁があったとします。

LGSをどこまで施工するか

階高が5mのフロアで、病室と廊下の間は耐火壁で天井裏まで、廊下と倉庫の間は天井までで良い、という条件で考えてみましょう。

どの部分に耐火壁が必要になるのか、というのは当然プロジェクト毎に違ってきますので、今回はあくまでも一例ということで。

ただ、病院の場合は廊下と病室を耐火壁にすることが多いですし、耐火壁でない場合も「114条区画」と呼ばれる天井裏までの壁にすることが多いです。

このあたりの話はLGSの仕様とはあまり関係のない話ですから、ここで詳しく説明するのはやめておきましょう。



■必要最小限のサイズで


上図断面からそれぞれの壁をLGSの長さで考えた場合、以下のようにLGS下地の必要な長さは結構違ってきます。


・病室-廊下 4.8m

・廊下-倉庫 2.7m


この長さが施工可能なLGSサイズを考えてみると、病室-廊下はLGS100型、廊下-倉庫はLGS65型を採用する事になります。

使い分けが面倒だから全部LGS100型にする、という考え方も可能ですけど、コストを無視した考え方なのであまり採用はされないです。

こうしたLGSの使い分けは、実際に施工する際に面倒なのかというと、それほど大変な事ではありません。

これが非常に面倒で間違えやすく、なおかつLGS100と65の差が僅かである場合には、統一する考えもあるとは思いますが…

実際にはそうではないので、壁仕様によってLGSのサイズを使い分けるのが一般的ではないかと思います。

建物を施工をする際には「施工図」と呼ばれる図面を、施工するゼネコンが作図することになります。

そこでLGSのサイズや壁の位置、LGSサイズの切り替え位置などの細かい数字が表現されていく訳です。

それを見て職人さんがLGSを決められた位置に建てていき、そこに石膏ボードを貼っていく、という感じで工事は進みます。

施工図上でLGSのサイズをしっかりと表現しておき、切り替える位置などを分かりやすくしておけば、細かい使い分け自体は特に問題ありません。

関連記事

  1. 壁-LGS+石膏ボード

    石膏ボードの仕様と省略形

    前回は石膏ボードの仕様について説明し、まずは厚みと大きさにはどんな…

  2. 壁-LGS+石膏ボード

    遮音性能が必要な部屋とは

    前回はLGS壁に求められる性能にはどのようなものがあるのか、という…

  3. 壁-LGS+石膏ボード

    天井裏にも壁が必要な場合もある

    LGS壁の仕様選定とコストの関係について、前回は少し極端でしたが例…

  4. 壁-LGS+石膏ボード

    片側から施工するメリット

    前回はLGS壁の性能を紹介していく中で、耐火遮音性能と耐火性能があ…

  5. 壁-LGS+石膏ボード

    LGS仕様を先に決めておく理由

    前回はLGS壁の下地であるLGSの仕様と、その使い分けの基本的な考…

  6. 壁-LGS+石膏ボード

    建築だけで図面を検討するリスク

    LGSをどこまで施工するのかを計画する際には、施工しようとしている…

スポンサードリンク




最近の記事

  1. 床カーペットのイメージ

    納まりの区分け

    床納まりの概要について
  2. 廻り縁のイメージ

    納まりの区分け

    廻り縁納まりの概要について
  3. セルフレベリング材

    床-床塩ビシート

    セルフレベリング材も検討する
  4. 建物をゼロから考える

    図面について

    建築の図面は色々ある
  5. 建物の床は基本的にコンクリート

    床-納まりのポイント

    床納まりのポイントと床下地
PAGE TOP