はじめに

  
  1. カテゴリ区分の考え方

    カテゴリ区分の基本ルール

    建築の納まりについての情報を得たいと思って「建築 納まり」などのキーワードでGoogle検索をしても、なかなか豊富なコンテンツを持った役に立つサイトに辿り着かない。あまり情報が濃いサイトが存在しないのであれば、自分で作ってみても良いんじゃないか、そしてある程度のニーズもあるのではないか。というような話を前回はしましたが…

  2. 検索しても情報の濃いサイトがあまりない…

    建築の納まりで有益なサイトは?

    建築の納まりを知る為には、納まり図の内容や数字などを覚えるだけではなく、それぞれの仕上材が持っている特徴なども知っておく必要があります。そうした知識を持っていないで仕事を進めると、パターンAの納まりを知っている事が、パターンA’の納まりに繋がっていきません。ちょっと分かりにくい表現になってしまいましたが、要するに知識の…

  3. 仕事出来るまでの知識を

    納まりの知識以外に必要なもの

    当サイト「建築の納まり図とその解説」では、どのような考えを持って作られていて、具体的にどのような情報を提供していく予定なのか。というあたりの話を前回は書いてみました。説明している私自身が持っている知識やスキル以上の話は出来ないので、それが読んで頂く方にとって果たして有益なのかどうか、という不安はありますが…それでも出来…

  4. 建物の風景

    このサイトを利用する方へ

    当サイトでは「建築の納まり図とその開設」というタイトルそのままですが、建築の納まり図を色々と紹介していこうと思っています。建築の納まりを色々と紹介して…と言いつつも、これから紹介していこうとしている内容を考えると結構気が遠くなる思いもあります。自分の中にある知識を全部アウトプット出来るものなのかどうか、という心配ですね…

スポンサードリンク




おすすめ記事

  1. 分類が新しくなった
  2. 型枠の一般的な納まり図
  3. タイル割付図の一例
  4. コンクリート化粧打放しの建物
  5. 建物はメンテナンスによって長持ちする
  6. まずは人命が最優先
  7. 降雨時に雨漏りするようでは…
  8. タイル目地はそこまで気にならない
  9. タイル割
  10. 変更にはリミットがある
  1. 木下地の一例

    壁-納まりのポイント

    木下地壁の特徴とは
  2. 塗床の一例

    床-塗床

    塗床(ぬりゆか)とは何か
  3. コストが大きな問題

    壁-RC+石膏ボード

    UL工法が選ばれない理由とは
  4. 防滑性能が重要

    床-石

    意匠よりも大事な事もある
  5. 施工はタイミングが重要になる

    壁-LGS+石膏ボード

    LGS壁を施工するタイミング
PAGE TOP