床-床塩ビシート

  1. 床塩ビシートのジョイント納まり

    床塩ビシートを施工する際に、出来るだけ平滑な仕上を狙うのならば、セルフレベリング材という選択肢もあります。ということで、セルフレベリング材の基本的な考え方に…

  2. セルフレベリング材の施工状況

    セルフレベリング材の納まり

    床塩ビシートは下地である床コンクリートに直接貼る工法がほとんどの為、下地の不陸(平滑ではない状態)がそのまま表れてしまう。もちろんそこまで凸凹が出ないようにとい…

  3. セルフレベリング材

    セルフレベリング材も検討する

    床塩ビシートを実際に施工する際に、下地としてコンクリートスラブのレベルをどのように設定しておくのが正解なのか。このあたりの話を前回は取り上げましたが、これは実際…

  4. FL=con天の場合

    施工の都合も少し考えてみる

    床塩ビシートの基本的な納まり断面図が具体的にどのような関係になっているのか、という話を前回は取り上げました。製品は2mm~3mm程度という薄さになっていて、比較…

  5. 二重床の場合の床塩ビシート納まり

    床塩ビシートの基本断面図

    前回は床塩ビシートの基本納まりがどのようなパターンになるのか、というあたりについて説明をしてみました。床塩ビシートを貼るための下地としては、一般的にはコンクリー…

  6. ユニットバスのイメージ

    床塩ビシートの基本納まり

    前回は、床塩ビシートが床仕上材としてどのような特徴を持っているのか、という話を取り上げてみました。建物の多くの場所で採用される床仕上材だけあって、様々なメリット…

  7. 床仕上材はそれぞれ適材適所を考える

    床塩ビシートの特徴

    床仕上材として最も一般的な床塩ビシートについて、前回はまず呼び方をどうするか、という話から色々と書いてみました。何かについて説明をする際には、その説明をする対象…

  8. 床材がロールになっている状態

    床塩ビシートの呼び方を考える

    このカテゴリでは「床-床塩ビシート」という名前の通り、最も一般的な床仕上材として塩ビ系床シートの特徴と納まりを取り上げます。最も一般的な床仕上材という表現は、私…

スポンサードリンク




最近の記事

  1. 施工段階で出来ることは限られてくる

    床-納まりのポイント

    床仕上げを検討するタイミング
  2. 仕事出来るまでの知識を

    はじめに

    納まりの知識以外に必要なもの
  3. 建物はメンテナンスによって長持ちする

    図面について

    建物が完成した後の話で
  4. 調整は結構大変な作業になる

    設計変更が与える影響

    施工段階で変更になる場合もある
  5. 設計図のイメージ

    図面について

    設計図とは何か
PAGE TOP