床-フローリング

  
  1. 置き床工法の納まり

    S造・RC造のフローリング納まり

    床仕上材のひとつであるフローリングの納まりとして、前回は木造住宅でよく採用される根太工法の納まりを紹介しました。根太工法のフローリングは下図のようま関係になっていて、木で下地を構成しているのが大きな特徴になっています。私は建築関連の仕事をしている訳ですけど、残念ながらあらゆる種類の建物に携わることが出来る訳ではありませ…

  2. 捨て貼り工法

    木造住宅のフローリング納まり

    前回はフローリングの種類として、単層フローリングと対をなす複合フローリングの特徴について簡単に説明をしてきました。一見するとただ木目の柄が違っているだけに見えるフローリングでも、実際には構成などが結構違っているものなんですよね。そしてその違いがコストにも表れてくるし、当然性能による使い勝手の違いも出てくる。これは建物に…

  3. 複合フローリング

    複合フローリングとは何か

    フローリングには大きく分けて二種類、単層フローリングと複層フローリングという分類があって、前回はそのひとつである単層フローリングの特徴について考えてみました。無垢材が持っている美しさや質感、そして天然素材特有の均一にはならない見た目。そして木が持っている空気中の水分を吸収する性能、その一方で水分を吸収することによる伸縮…

  4. 無垢材の特徴

    単層フローリングとは何か

    床仕上材としてかなり身近な存在であるフローリングにはどのような特徴があるのか。というあたりの話について、メリットやデメリットなどの話を幾つか紹介をしてきました。色々な特徴があって…とは言っても、やはりフローリングの素材である木という天然素材が持っている特徴がそのまま出てくることになります。石を使った仕上材には石の、木を…

  5. フローリングの特徴を踏まえて…

    フローリングとその特徴-2

    前回は床仕上材のひとつであるフローリングの概要と、どのような特徴を持っているのかという部分について色々と説明をしてきました。箇条書きでまとめてしまうと以下のような特徴がある、という話でした。○調湿性がある○伸び縮みがある材料○美しい素材感フローリングの特徴には、その素材である木が持っている特徴が色濃く出ています。自然の…

  6. フローリングのイメージ

    フローリングとその特徴-1

    このカテゴリで取り上げようと思っている床仕上材は「フローリング」です。前回のカテゴリで紹介した塗床は一般的な居室には使われないものなので、少しイメージがしにくかったのではないかと思います。だけどフローリングはマンションのリビングなどで使われる床仕上材なので、自分が今住んでいる家にも採用されている可能性が高いです。そう言…

スポンサードリンク




おすすめ記事

  1. 継続が最も難しい
  2. カーペットの特徴
  3. アントワープ港湾局
  4. LGS下地を建てる状況
  5. 廻り縁のイメージ
  6. 施工者はコストも重視
  7. 図面は情報伝達ツールなので…
  8. 天井がない場合の見え方
  9. 部屋のグレードによる仕上の違い
  10. 床は滑りにくさも重要
  1. 細かい納まりは打合せで…

    設計と施工と

    現場での設計者の役割
  2. コンクリート化粧打放しの建物

    壁-コンクリート

    コンクリート下地の大まかな分類
  3. LGSのイメージ

    壁-納まりのポイント

    LGSと石膏ボードのコンビ
  4. セパ割の一例(縦張り)

    壁-コンクリート

    型枠割付の一般的な例とは
  5. 建物に求められるバリアフリー

    床-納まりのポイント

    床仕上げは基本的にバリアフリー
PAGE TOP