意匠と構造と設備の関連

床仕上げ材が変わることによって、色々とそれに絡んだ部分に検討が必要になる、という話を前回はしました。

ちょっと都合の良い断面図でしたが、実際にどんな納まりになるのかの例も交えて話をしてみました。

だから、床仕上げ材が下地に与える影響については、何となく伝わったのではないかと思います。

ただし、こうして影響が色々な部分に発生するから、設計変更をするのはダメとか、そういう話ではありません。

ここで言いたいのは、安易な変更で設計図がどんどん不整合になっていく可能性がある、という話です。

床仕上げ材を変更して、床のコンクリートレベルだけではなく梁も下げておいたから、それでOKではない場合もある。

そういう話です。

もちろん床と梁は下げておくことが絶対条件で、最悪でもそこまではやっておく必要があります。

でもそれだけではなくて、梁レベルを変えたことによって、各所に影響が出ることも確認しておく。

これは設計変更をした人の役目だと私は思っています。


■床仕上げ変更の影響は結構ある

ここでまた例を出しますが……

床仕上げ材をカーペットから石に変更した場合、まずは床のコンクリートレベルを下げる必要があります。

これがまずは基本ですね。

そして、それに関連する梁のレベルも下げておく必要があって、まずはそこまで設計図を整合させておく必要があります。

その次に下階の天井と梁レベルの関係を確認して、前回挙げたように干渉するようであれば、さらに対応が必要になります。

例えば下階の天井レベルを下げるとか、構造設計者に相談して梁の高さを低くする検討をするとか。

あるいは、下階で部分的に梁部分の天井を下げることにするなど、これは意匠的な絡みもあるのでしっかりと検討が必要です。

突然梁の部分で天井が少し下がっていたら、何となく失敗した感じが漂う可能性もあります。

まあこれは建物の用途によって変わって、例えばマンションなどでは割と普通のことかも知れませんが。

下げた梁の形状が見える部屋によっては、そうした処理はあまり適さない場合もあると思います。

こうして意匠と構造を整合させながら設計をしていくというのが、設計者の役割になる訳です。

 

■調整作業が必要

また、梁を下げることによって、下階の天井裏に納まっていたダクトが納まらなくなることもあります。

梁と天井の間にダクトを通すつもりが、梁が下がってそれが出来なくなったりする訳です。

そうなると設備設計者と打合せをして、ダクトのサイズを少し変えてもらうなどの調整も必要になります。

このように、床仕上げの変更は意匠設計者だけの問題ではなく、色々な部分に影響を与える可能性があります。

その場合は各所との調整が必要になりますが、それには構造設計や設備設計など色々な担当者が関わりあす。

建物の要素によって設計担当者が色々なので、それを調整するのは結構大変な作業になるんです。

もちろんそれが設計者の仕事ですから、大変だからやらない訳ではなく、出来るだけキッチリとやる必要がある訳です。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ