施工段階で変更になる場合もある

前回は、設計段階で床仕上げ材を変更した場合、どのような影響があるのかと、各所調整が必要という話をしました。

設計図が不整合だらけにならないように、変更は意匠・構造・設備など、それぞれに伝達が必要なんです。

こうした調整作業というのは、担当者同士でしっかりとした打合せを繰り返せば、それで問題なく実行出来る話です。

だから、ここで色々と「調整が必要です」と書いても、かなり簡単な話に聞こえるかも知れません。

でも、設計する建物の規模が大きかったり、設計に取れる時間が少なかったりするなどの条件が入ると……

そうした単純な話が結構難しくなったりする場合もある訳です。

もちろんそれを何とかするのが仕事で、言い訳ばかりしても何も始まらないのは事実ですが。

ここで単純に書いているように簡単に済む話でもない、ということだけは書いておこうと思います。

全部一人の担当者で処理をすれば、そうした調整は必要なくなるんですけど、もちろんそんな話は非現実的です。

意匠・構造・設備を全部設計出来る人なんていないので、それぞれ専門分野を持って設計をしています。

だからお互いに調整が必要だということですね。


■設計段階の変更と

こうした設計変更による調整は確かに大変ですけど、各担当者間での調整が済めばそれで問題は解決します。

そうして解決する分だけ、設計段階での変更というのは、まだマシというか助かるというか……そうした部分があります。

しかし床仕上げ材を変更するタイミングは、なにも設計段階だけという訳ではありません。

設計段階を過ぎて、設計図を現場に発行した後、いわゆる施工段階でも床仕上げ材の変更は発生するんです。

変更の理由は様々で、予算的が足りないなどの話もあれば、施主の強い要望という話もあります。

もちろん、設計変更というのは少ない方が良い、というのは設計も施工も同じ意見なんですけど……

だからと言ってそれがゼロになる訳ではありません。

基本的に建物というのは「こんな建物を建てたい」という要望を持ったお客さんがいないと始まりません。

いわゆる「施主」ですね。

その施主が床仕上げ材を変えたいと言ったら、可能な限り対応をするのはプロとして当然のことです。

 

■よりよい建物の為

もちろん設計段階で施主との打合せは何度も行う訳ですけど、施工段階でその意向が変わる場合もあります。

別にそれは無理難題のワガママという訳ではありません。

そうではなくて、現状の設計よりもさらに良い建物にする為に、色々と考えた結果そうなる場合がある、という話です。

お客さんの要望に応えた建物、というのが設計をする上で重要なことなので、それに応えるのは当然です。

また、良い建物を完成させたいと考えているのは、なにも施主だけではなく設計者も施工者も同じです。

だから場合によっては、設計者が検討した結果として、施工段階で変更が発生する場合もあります。

とまあ色々と書きましたが、要するに何を言いたいのかというと、設計図をまとめたあとでも変更は結構あると言うことです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ