設計変更が可能なリミットとは

床仕上げ材が変更になる可能性があるのは、何も設計段階だけではない、という話を前回は取り上げました。

大きな要因としては施主の要望というものがありますが、それだけではなく、設計者による変更の可能性もあります。

変更の発信元は幾つかありますけど、施工段階になっても出来るだけ変更の対応をする必要があるんです。

もちろん、設計段階と施工段階で条件が全く同じという訳にはいきません。

設計段階に比べてプロジェクトが進行している施工段階なので、考慮すべき要素は少し増えます。

それは「工事の進行」という要素です。

当然の事ですけど、施工段階になると毎日工事が進んでいくので、変更をしたくても施工済みという場合が出てきます。

床仕上げの変更とか、そのあたりの情報が来るまでじっと待っていると、工事は予定通りに進みません。

だから時期が進んでいくに従って、建物が完成していくのは当然のことだと言えます。

まあそのあたりを設計者が良く分かっていれば、変更したい時に施工済みになっていたとかはあり得ませんけど。

と、今回はそのあたりの変更と施工段階の兼ね合いについて、少し一般的な話をしてみたいと思います。


■工程が進むと変更が出来ない理由

工事が進んでいくにつれて変更が出来なくなっていくのは、工事の工程を考えれば仕方がないことです。

既にコンクリートを打設してある部分を見ながら、下地のコンクリートレベルを下げたいと言うのは、やはり無理がありますから。

また、実際にはまだ現場で施工をしていなくても、その準備というのは結構前からやっているものです。

なので、基本的に変更のリミットというのは、施工がその準備をする前までということになります。

もちろんその準備を全部やり直す覚悟があれば、いつでも変更をすることは出来ますけど……

これは結構な勇気がいるし、なによりお金が必要になります。

変更に対して失われる時間と費用という話が絶対に発生するし、誰の責任で変更をするのかという話も出てきます。

要するに誰かが無駄になる費用の責任を取ることになるので、可能な限りはその前に変更を済ませておく必要があります。

 

■施工図で確認と指示を出す

施工段階に進んだ後では、その工事がやり直しになる前までに変更をしておく必要があります。

もちろん変更がないのがベストなんですけど、もし変更があった場合でも、工事の準備前であれば影響はそれほど大きくはありません。

鉄筋コンクリート造、いわゆるRC造の場合は、大工さんが型枠を加工する前であれば変更は一応大丈夫です。

その前に施工側から「施工図」と呼ばれる図面が提出されるので、そこで変更指示をするのもアリです。

基本的に大工さんは設計者に承認された施工図をベースにして、型枠を加工する準備に入ります。

だから施工図段階で指示をしておけば、工事が手戻りになる可能性は比較的低くなると思います。

だからと言って積極的な変更を推奨する訳ではありません。

施工者側は設計から承認を受ける前に、たたき台として大工さんに施工図を渡しているものです。

基本的に大きな変更がなければ、承認前の施工図で型枠を加工をしても、別に問題はない訳ですから。

ちょっと続きます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ