変更をする際に気を付けること

施工が進んでいくにつれて、設計変更はやりにくくなっていき、もし変更が出たら費用が発生するようになる。

そんな話を前回はしましたが、まあだからと言って設計変更が絶対にダメという訳ではありません。

施主の要望やどうしてもココだけは変更したいなど、やむを得ない場合も時にはある訳です。

そんな場合は覚悟を決めて設計変更をするしかありませんが……

仕方がないとは言え、やはり一度造った部分を壊したりするのは、あまり気分が良いモノではありません。

そうした事が出来るだけないようにするのが設計者の仕事です。

事前にしっかりとした検討をしておき、施主との意思疎通もきちんとやっておく必要があります。

そこまできちんと実行していて、それでも変更が出る場合がありますけど、それはもう仕方がないと言うしかない。

そんなニュアンスになります。


■人間関係も大事

そうした工事の流れなどをあまり考えずに、思いつきみたいな変更をしてしまうとどうなるか。

これは当然ですけど、施工側からは当然いい顔をされないし、信用を失う事にも繋がります。

もちろんどうしても変更しなければならない部分で、そこまで遠慮をする必要はありませんが……

後で考えればいいや的な、安易な設計変更を繰り返すと単純に信用を失うだけで良いことは全然ありません。

設計者も施工者も、良い建物を完成させるという目的で協力しあっていかないといけない関係。

その関係を一方的に崩すような、意味もない設計変更を連発するのはあまりお勧めは出来ません。

当サイトでは納まりの情報などを発信して、主に知識を増やしてもらうという目的を持っています。

でも、いくら知識を増やしても、そうした協力関係を構築出来ない人は苦労するしかありません。

結局は人間関係も大事なので、そういう意味でも早めにしっかりとした検討をしておく必要があるんですよね。

 

■どこにお金を掛けるか

基本的に工事現場で施工をする際には、お金を掛ければ大抵のことは実行することが出来ます。

だけど、その出費が理に適っているかどうかというのは、出来る出来ないとは別の話です。

安易な考えで変更をした挙げ句、膨大な出費が発生するとか。

そういう変更というのは当然施工者も分かりますから、やってくれない可能性の高いです。

また、先程はRC造の場合に、大工さんが型枠を加工する前ならギリギリ大丈夫という話をしましたが……

鉄骨造(S造)の場合は、鉄骨梁のレベルはかなり工程の序盤で決まってしまうので、変更が難しい場合が多いです。

簡単に梁のレベルを変えられないし、同じ柱に取り合うG梁に微妙な段差を付けることも出来ません。

だからと言って、全部の梁を下げておくことは、コストの面から考えると非効率的ではないかと思います。

そのあたりを考えると、これから説明する床仕上げ材による下地のレベルというのは、基本的に設計図がまとまった後の変更は難しい。

そう思っていた方が良いくらいではないかと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ