仕上げ材の選定と塗床の目的


建物を建てる際には、どんな目的でその部屋を使うのかという、部屋の用途というのは多岐に渡る事になります。

これは当然のことですけど、設計者は部屋の用途と建物のグレードなどを考慮して、適切な仕上材を選定する必要があります。

このカテゴリで取り上げる床仕上げ材は「塗床」なので、ここでは塗床を採用する部屋の用途について考えてみましょう。

塗床は構造体である床下地コンクリートを守る為に施工されるということで、かなり激しい使われ方をする場所で採用されるんです。

例えば工場とか厨房、そして機械室などが多いです。


■仕上げ材の選定について

これは当たり前のことですが、フォークリフトが1日何百往復もする工場の床に、例えばカーペットなどを選ぶことはあり得ません。

多分1日でカーペットはボロボロになってしまうし、そもそも施工をする前に「何を考えているのか」という話が100%出ます。

施工者は当然建築のプロですから、いくら設計者が指示した内容であっても、それを鵜呑みにして施工する訳ではありません。

後からクレームを受けるのは施工者ですから、後々で問題になりそうな部分はどんどん指摘をしてくれるんです。

だから冒頭で書いたように、仕上表で工場の床仕上げ材を「タイルカーペット」と書いても、ある意味問題はありません。

ただ「もちろん記載間違いですよね?」と言われるだけで、こちらも「もちろんそうです」と答えるしかないから。

もちろん逆のパターンもあって、ホテルのロビー全体に緑色の塗床を指定したとしても、同じような話になります。

仮に、設計者としてごり押しをして塗床を施工させたとしても、きっとそのホテルはオープンすることが出来ません。

あまりにも場違いな仕上材になるので、絶対に施主から「おお、良いですね、ここの仕上は」なんて言ってもらえません。

むしろその逆で「早く仕上材を変えてください」という話になって、すぐさま塗床は消えてなくなるはずです。

まあこれはかなり極端な例ですけど、床に限らず仕上材は適材適所が絶対に必要で、それを設計者と施工者で協力しつつやっていく訳です。

仕上げ材というのは、建築にかかるコストに大きく影響する部分なので、かなりシビアにやっていく必要があるんです。

 

■目的は耐久性

そうした仕上げ材の適材適所を考慮すると、やはり塗床は色々なモノに対する耐久性を求められる場所で採用されることに。

ただ、一口に「耐久性」と言っても、それがどんなモノに対する耐久性なのかで全然話が変わってきます。

これは前回も少しだけ触れましたが、耐久性ということで考えられるのは、以下のようなパターンです。

・フォークリフトやトラックの走行に対する耐久性:耐摩耗

・厨房で常時お湯を流す場合の耐久性:耐水性・耐熱性

・研究室などで薬品を使用する場合の耐久性:耐薬品性

耐久性と言っても色々なシチュエーションがあるので、それぞれの部屋に適した塗床材を選ぶ必要があるんです。

仕上材のグレードとしては、塗床の中でもピンからキリまでありますが、高級感という意味ではやや低めです。

高級感というよりも、耐久性を求めた結果として塗床を採用する、という流れになるので、バックヤードで使われることが多いですね。

とは言っても、値段が安いから塗床を採用するとかそういう話ではなくて、必要なスペックを満たす為に塗床を採用する。

そんなイメージの仕上材です。

納まりについては次回に続きたいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ