床仕上材の品番決定まで


今まで結構長い間、というか結構なボリュームで、床仕上材の納まりについて色々と説明して来ました。

その甲斐もあって、主な床仕上材についてはほぼ網羅することが出来たんじゃないかと思います。

もちろん触れていない仕上材もあるとは思いますが、それぞれの仕上材ごとの納まりよりも、重要なのは基本的な考え方です。

それがきちんと理解できていれば、ビニル床タイルでもタイルカーペットでも、別に床納まりは変わらないことが分かるはず。

そう言う意味では、仕上材のバリエーションは結構ありましたが、納まりのパターンとしてはワンパターンだと言えるでしょう。

2mm程度の薄い仕上材であっても、石やタイルのような厚みのある床仕上材であっても、天端が揃っているのが床です。

床仕上材の厚みによって仕上の天端が変わってしまうと、歩く時に躓くことになるので、揃えるのは当然のことですが……

その為に、下地であるコンクリートスラブのレベル、そして同じく梁のレベルを事前に検討しておく必要がある。

これが、床仕上げ材納まりの基本的な考え方になります。

長々と説明してきた最後に、基本的な話をしてもあまり意味がないですけど、まあ最後のまとめということで。


■品番によって変わる

下地のレベルさえしっかり検討できていれば、あとはどんな材質の仕上げ材でも、どんな柄であっても大丈夫。

これが床納まりの基本的なスタンスになります。

あとはそれがどのタイミングまで変更出来るかという話で、それはもう施工側と連絡を密にしていくしかありません。

そのあたりの時間的な話と、現状の仕上げ材がどんな納まりなのかを掴んでおけば、床の納まりとしては充分でしょう。

あとは実際にどんな品番の床仕上げ材を施工するのか、という話になりますが、ここで少し気をつけておきたい点がひとつだけ。

床仕上材の「タイルカーペット」とか「磁器質タイル」などは、一般的な呼び方でしかありません。

メーカーはそれぞれの仕上材毎に様々な商品を用意していて、選ぶのに迷うくらいの種類があります。

これ自体は非常に良いことなんですけど、その種類によって厚みが微妙に違ってくるので、そこは気をつけておいた方が良いです。

とは言っても数ミリの差ではありますけど、厚みに巾があるので、条件の悪い方で検討しておく等の対応が必要になります。

■コストも絡むので

また、石やタイルなどでも同じ話で、メーカーや品番によって厚みが変わってくることが多いです。

特に石の厚みはコストに影響する部分なので、後で変わる可能性が結構高かったりします。

しかし設計段階や施工の初期段階でメーカーを決定することは難しいので、ある程度想定で納まりを検討するしかありません。

設計段階であれば、仕上げ材として想定している品番があるはずなので、その仕上げ材で納まりを検討する。

施工段階であれば、設計者が提示している仕上材を検討しつつ、実際に採用する品番との違いを確認していく。

そんな作業が発生すると思います。

この作業は結構地味で、コストと大きく絡む話でもあるので、なかなか決まらなかったりしてもどかしいことも多いです。

特に施工側では、納まりを検討する担当とコストを管理する担当が同一人物という訳ではない場合も多いですから。

大抵の場合は、コストを管理する人が現場代理人で、納まりを検討する人はその部下である場合がほとんどでしょう。

……と、ここで色々と書いて何が言いたいのかというと、仕上材の品番が決まるまでは、厚みが確定することはありません、という話です。

それを見越した納まりを考えておく必要があるので、あまりシビアに計画をせず、ある程度のゆとりを持った納まりがお勧めです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ