遮音性能が必要な部屋とは


前回はLGS壁に求められる性能にはどのようなものがあるのか、という話を取り上げました。

・部屋と部屋を区切るための壁

・音を遮断する為の壁

部屋を区切るという性能は壁としては当たり前で、そこにさらに音を遮断する性能を追加する、というようなニュアンスになります。

音を遮断する性能があるか、それともごく普通の壁なのかによって、居室の快適性は大きく変わります。

実際の感覚で言えば、私の家は遮音壁がありませんが、隣の部屋の声は丸聞こえ状態です。

もちろん自宅ですから、特に話す声が隣の部屋に聞こえないように、みたいな配慮は必要ありません。

音楽を聞く時に時々困るくらいですけど、これもヘッドホンを使えば良いだけの話ですから。

要するに「どの部屋に遮音性能が必要なのか」が重要で、全ての壁に遮音性能を付加する必要はありません。

そんなことをしたら余計なお金がかかってしまい、建物を建てる側が喜ぶことにはなりませんから。

必要な場所に必要な性能の壁を設置する、というのがコストと居住性のバランスを考えるとベストだと言えるでしょう。

今回はもう少し遮音壁について考えてみることにして、どんな部屋に遮音壁を使うかを紹介してみます。


■遮音性能が必要な部屋

遮音性能が必要になってくる部屋ですが、厳密な決まりがある訳ではありませんが、大体以下のような部屋に使われます。

・トイレ

・会議室

・スタジオ等

・マンションの住戸

・病室

他にも色々とありますが、目的としては「隣の部屋に音を漏らしたくない」又は「隣の部屋から余計な音が聞こえたくない」のどちらかです。

もしくはその両方。

トイレなどは、やはり用を足す時の音が聞こえる状態では、特に女性は困りますよね。

男性はあまり気にしない方もいますけど、聞かれる側ではなく、聞かされる側の気持ちもあるので遮音は必要でしょう。

会議室なども、会議の内容によっては、内容が隣の部屋に聞こえるのは非常に困る場合もあるでしょう。

逆に、廊下の騒ぎ声が聞こえるような部屋で会議をする、というのもあまり好ましくありません。

スタジオなど、大きな音を出すような部屋では、もっとランクの高い遮音性能が必要になってきます。

マンションの住戸や病室など、出来るだけプライバシーを守りたい場所では、遮音性能があれば快適さが増します。

このように、遮音性能が必要になる部屋というのは結構あるものです。

一口に遮音性能と言っても、壁の構成によって、どの程度の遮音性能を発揮するのかは様々です。

先程も出てきましたが、楽器などを演奏する部屋であれば高い性能が必要ですし、会議室ではそこまでの性能が不要な場合もあります。

このあたりの細かい仕様については、後でまとめて紹介することにして、次回は耐火性能を取り上げてみたいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ