床-防水納まり

  
  1. 雨漏りは最も避けたいトラブル

    施工が最も気にする防水納まり

    建物を構成する部屋の中には、その部屋の用途によって、水を利用する必要がある部屋、水を使わざるを得ない部屋というのが存在します。水を使わないとその部屋の存在意義がどこにもなくなってしまう、という表現の方が正しいかも知れません。そうした部屋は幾つかあって、建物の用途によっては、そうした部屋がどうしても必要になってきます。・…

  2. 浴室の一例

    水を使う部屋の用途と注意点

    今までのカテゴリでは、様々な床仕上げ材の特徴やグレード、具体的な納まりがどんな関係になっているのかについて説明をしてきました。仕上材のバリエーションとしては結構な種類が出てきたかと思いますが、納まりだけで考えると割とシンプルなパターンが多かったはずです。コンクリートスラブを下地として、その上に床仕上材を貼りつける、ある…

スポンサードリンク




おすすめ記事

  1. タイル割付図の一例
  2. コンクリートは解体が大変
  3. タイル割
  4. シャワー室は水が高い位置まではねる
  5. 音を通したくない場合もある
  6. コンクリート化粧打放しの建物
  7. 天井がない場合の見え方
  8. 外部窓の一例
  9. 建物はメンテナンスによって長持ちする
  10. 原石の加工風景
  1. 調整は結構大変な作業になる

    設計変更が与える影響

    施工段階で変更になる場合もある
  2. 施工者はコストも重視

    設計と施工と

    施工側が見ている視点とは
  3. OAフロアのイメージ

    床-タイルカーペット

    タイルカーペットとOAフロアと
  4. カテゴリ区分の考え方

    はじめに

    カテゴリ区分の基本ルール
  5. 継続が最も難しい

    無駄話を色々

    サイト更新再開のお知らせ
PAGE TOP