納まりの知識以外に必要なもの

前回はこのサイトがどんな考えを持っていて、どんな情報を提供していくかについて簡単に説明をしました。

設計者としてのセンスは、良い建物を色々見るなどして個別に磨いていくしかありませんが、納まりの知識はまた別の話。

仕上げ材の特徴と固定方法などを知っているという「知識」だけで、ある程度はクリアすることが出来ます。

例え、自分でその仕上げ材を施工したことがなくても、もしくは見たことも触ったこともなくても、です。

もちろん経験があるというのは大きなアドバンテージではありますけど。

知識を入手すればある程度は解決出来るものならば、情報収集をして自分の頭に知識を入れておいた方が良いですよね。

当サイトでは、そうした情報収集の役に立つようなサイトを目指していきたいと考えています。

読む方の役に立つような情報を提供する為には、私自身の知識も増やしていく必要があるかも知れませんが……

それは私にとって非常に有益なことですから、私も積極的に知識を取り入れていきたいと思ってます。

今回は「建築の納まり図集」では、具体的にどんな解説をしていくのか、というあたりを書いておきます。


■どんな説明をするか

当サイトでは建築の納まりがメインテーマです。

だから当然ですが、建物が部分的にどんなディティールになっているのか、という建築関連の納まりを詳しく説明していきます。

・建物の細かい部分の納まりを

・断面図や簡単なスケッチで

・時には写真を交えつつ

分かりやすく説明していければ良いなと思っています。

そんな情報を誰が求めているの?

そこを疑問に思う方というのは、恐らく当サイトが発信する情報を必要としない方なのだと思います。

全ての方が建築関連の情報を求めている訳ではないので、それは当たり前というか、仕方がないことでしょう。

もし建築関連の仕事に携わる方であれば、こうした建築の細かい納まりが分かるサイトを求めているはず。

少なくとも私はそういうサイトがあればいいなと思っていたので、微々たる情報ですが、自分で作っていくことにしました。

 

■納まりの図面以外にも

また、建築の納まり図だけを見せても、それはその場合だけの限定的な知識にしかならずに応用が効きません。

その仕上材がどのような特徴を持っていて、どんな固定が必要かなど、もっと根本的な知識もある程度は必要になってきます。

その仕上げ材が持っているメリットは何か、逆にデメリットと注意点はどんなところにあるのか。

このあたりの知識も合わせて書いていければ、色々な納まりに応用できて良いんじゃないか。

当サイトでは、そんな思いを持って色々書いていくつもりです。

どの程度の知識までが必要なのかという見極めは結構難しく、細かく書きすぎると長いだけになってしまうのですが。

足りないよりも多め、というポリシーでやっていければ良いですね。

全然知識がない人よりも、ある程度の知識を持っている人のが、仕事では絶対に有利なことは間違いないですから。

私も本業で優位に立てるように、色々と知識を吸収しながら記事を書いていこうと思っています。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ