カテゴリ区分の基本ルール

建築納まりでGoogle検索をしても、豊富なコンテンツを持った役に立つサイトに辿り着かない。

だったら自分で作ってみても良いんじゃないか……

というような話を前回はしましたが、もしかしたら自分の首を締めてしまっているかも知れませんね。

豊富なコンテンツを作成するのは並大抵のことでは出来ないですから、それを自分で出来るのかどうか。

正直言って自信満々とはいきませんが、自分が知っていることを分かりやすく説明していくことはなんとか出来そう。

なので、そうした地道な作業の果てに、そうした評価をされるサイトの完成があると信じてやっていくしかありません。

サイトについての前置きがやたらと長くなってしまい、全然建築の納まりについての話に進みませんね。

これでは全然役に立たない話になってしまうので、こうした話は今回で終わりということで……

今回は、当サイトのカテゴリをどう分けていくか、というあたりついて簡単に説明をしてみたいと思います。


■少しずつ積み重ねて

建築の納まりと言ってもそれは非常に多岐に渡る訳で、そう簡単に全ての情報を網羅することなんて出来ません。

でも、掲載すべき情報がたくさんあるからという理由で、何の情報も掲載しないのでは先に進みません。

まずは数が少なくても、少しずつ情報を積み重ねていくことが大事。

そんなスタイルで地道に内容を分厚くしていくことが出来れば、いつかは有益なサイトになっていくでしょう。

あとはどこまで根気よく記事を書いていく事が出来るかで、それが私にとって一番の難関になりそう。

とは言え、書きたいと思っている詳細はたくさんあるので、少しずつカテゴリーを整理しつつ記事を増やしていきます。

一般的な納まりからスタートして、それぞれの取り合い部分の詳細や、特殊な納まりの詳細などなど。

私が知る限りの、という条件が付きますが、出来るだけ多くの納まりバリエーションを紹介できれば良いなと思っています。

いずれは私以外の方が持っている情報も載せられれば良いな、とか虫の良い事を考えていたりします。

でも、そんなことを考える前に、まずは自分が知っている内容を吐き出すことが優先なので、それはもう少し後で考えてみたいですね。

 

■カテゴリについて

カテゴリの区分については色々と迷っていて、途中で変えたり色々試行錯誤中ではありますが……

とりあえずは、以下のような考え方でカテゴリ訳をしていくのが良いかな、と今のところは思っています。

・部位+仕上材でひとつのカテゴリ

・カテゴリ名は「床-タイル」とか「壁-タイル」などで区分する

・そのカテゴリ内に記事を順番に書いていく

最初は「床」「壁」「天井」などのカテゴリを作って、そこにどんどん書いていったんですけど、記事が多くなると読みにくいんです。

それならば、もう少し細かくカテゴリを分けた方が、情報を求めている方にも親切かも知れないと考えました。

もっと分かりやすい分類もあるのかも知れませんが、それを発見するまではこうしたやり方で区分をしていきます。

あとは「雑記」みたいなカテゴリに、余計な話というか無駄話などを書いていければ楽しいんですけど。

それも、ある程度のコンテンツが揃ってないと本当に無駄な話になってしまうので、しばらくは我慢しようと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ