施工図と製作図と

設計はどんな建物を建てるのかの方針を示す役割をになっていますが、施工は実際に建物を建てる役割を担っています。

役割分担はそこで分かれているんです。

設計が作成した設計図を元にして、出来るだけその要望に沿っていて、なおかつ品質の高い建物を低コストで建てる。

これはそう簡単な事ではありませんが、それを実現するあたりが企業の技術力なのでしょう。

施工はそうした方向性を持っているので、設計が提示する設計図より、もっと細かい部分の情報が必要になってきます。

細かい図面にも幾つかの種類がありますが、今回はそれにはどんな種類があるのかを説明してみます。


■施工図

設計図をベースにして、施工会社つまりゼネコンが施工をする為に作図する図面を施工図と呼びます。

設計図よりもさらに細かい情報、主に文字情報や寸法が記入されていて、それを見れば工事が進められるくらい細かい内容になっています。

建物を構成するには様々なパーツが必要になって来ますが、実際にどんな製品を使うかまで検討するのが施工図です。

そして当然その製品がきちんと納まるように、それぞれの部分を細かく調整する役割も持っています。

設計図に較べると「何ですか施工図って」みたいな感じになりますけど、工事現場では結構重要なウエイトを占めています。

施工図の中にも「仕上図」とか「躯体図」など、さらに細かい分類があるんですけど……

今回はそこまで細かく考えず、設計が作図する設計図に対して、ゼネコンが作図する施工図みたいな認識でOKです。

この施工図をきちんとまとめる為には、設計図を読みとる能力と、実際の施工についての知識が必要になってきます。

設計図を読んで設計の意図をくみ取り、それを実際の施工で可能か判断して、実際に施工出来るような図面にしていく。

それが施工図に求められる役割です。

作図する人によってかなり施工図のレベルは変わってくる、というのが色々な施工図を見てきた私の印象です。

施工図は設計者に提出されて、チェックを受けた後に「これで良いです」みたいな許可を得てから施工に入ります。

だから設計者にとっても、施工図というのは非常に馴染みの深い図面だと言えるでしょう。

たまに酷い施工図があったりしますけど、それについてはもう少し後で色々と書ければと思っています。

 

■製作図

建物を構成する部材は様々で、その中の大半は工場であらかじめ製作された後で現場に運ばれてきます。

例えばドアとかサッシュなど、金属で出来た部材は、工場で精度良く造ってくる方が効率的なんです。

現場で鉄板を曲げてドア枠とかを作るなんて、製作の精度を考えると絶対にやりたくないこと。

そうならない為には最初から工場で造ったものを運んできて、それをもう取り付けるだけの状態にしておくことが大事です。

ただ、いくら工場で精度良く造られたとしても、そもそも大きさが違っていたらもうお話になりません。

そんな状況になるとコストがかかるばかり。

それではダメなので、工場で造った部材がきちんと取付可能になるように、図面で事前に検討しておく必要があります。

そうした事前検討に必要なのが図面ということになり、特に工場で製作する為に必要な図面を「製作図」と呼びます。

建築現場では、そうした製作図にきちんと目を通して、出来るだけ工場で作ったものが無駄にならないようにします。

出来るだけじゃなくて、工場で製作してきたものが全て無駄にならないように、と言った方が正解に近いかな。

そして、もう少しこう変えたいなどの要望をメーカーと設計と打合せして、少しでも良い状況に向かって調整していく。

これが建築現場で用意する図面で、施工図と並んで非常に重要な「製作図」と呼ばれる図面です。

施工図も製作図も基本的には設計者がチェックをして、問題ないことを確認してから工場で加工を開始します。

なので、たとえ設計が終わって設計図を発行した後でも、設計者の仕事はなくならないんです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ