建物が完成した後の話で

建物を建てる為に必要なステップとして、設計の次に施工というステップがある、という話を前回はしました。

基本的な建物の方針はあくまでも設計図ですが、施工ではもっと細かい部分を表す図面が必要になります。

それが前回紹介した「施工図」と「製作図」です。

施工図はその名の通り、施工をする為の図面ですから、どんな部材を使うかなどの細かい情報が絶対に必要です。

なので、施工図を作図をする方は、建築の納まりや施工についての深い知識を求められます。

知識があまり多くない方でも作図することは可能ですけど、あんまり気が利いた図面にはならないんですよね。

「絵に描いた餅」という言葉は、実際には何の役にも立たないことを意味していますが、まさにその状態になります。

これはどんな分野でも同じだと思いますが、プロに求められる知識と技量というのはやはり非常に大きなものですね。

と、施工についてはこれで終わりにしておき、今回は最後に挙げた「維持管理」について軽く触れてみたいと思います。


■維持管理について

建物を建てる為のステップとして、以前にこのような箇条書きをして、設計から順番に説明をしてきました。

・設計

・施工

・維持管理

でもこれ、よく考えると最後の「維持管理」はあまり図面と縁が深くない、ということに今さら気が付きました。

なので説明もサラッとで終わります。

維持管理というのは設計が考えたプランに従って、施工が建物を実際に工事していき、建物が完成した後からスタートします。

基本的にこれは建物を建てようと考えた個人や会社、いわゆる施主が受け持つステップになります。

設計と施工で作り上げて完成した建物を、出来るだけ長期間使えるように管理していく業務です。

まあ「維持管理」ですから、言葉のニュアンスとしてはそのままですが。

業務のイメージとしては、何となくマンションの管理人みたいな感じに近いかも知れません。

例えば使っていく内にどこかが壊れたら交換などの対処をするとか、急激に劣化しないように建物を綺麗に保っていくとか。

そういう業務ですね。

経年劣化する部分、例えば屋上の防水などの部分を、定期的にメンテナンスする業務もあります。

車などと同じように、建物の寿命というのは、どれだけ手をかけているかによって大きく変わってきます。

そういう意味では、維持管理が担う役割というのは非常に大きなものだと言えるでしょう。

 

■竣工図

ただ、ここまで読んで頂いた方なら分かると思いますが、こうした業務はあまり図面とは関わりが多くありません。

どうしてこのステップを紹介したんだろう……

まあそれはともかくとして、維持管理で図面を必要とする場合には、結局施工図や製作図を見ることになります。

設計図を最終プランに合わせて修正したものを「竣工図」と呼び、建物が竣工した際には、この竣工図が施主に提出されます。

でも、それはあくまでも設計図を修正した図面なので、細かい建築的な納まりまでは表現されないのが普通です。

だって、設計図でもそこまで表現しませんから。

これは設計図が悪いとか、そういう意味の話ではなくて、単純に図面の目指す方向性が少し違うだけ。

なので、より細かい部分をを確認したい場合には、同じように提出される施工図とか製作図を見ることが多いです。

建築の納まりとはあまり関係ない話になってしまったので、維持管理についての話はこれで終わりにしましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ