施工側が見ている視点とは

設計者が設計図をまとめたあとで、建物の細かい納まりにどのように関わっていくのか、という話を前回は取り上げました。

設計図が示す建物の基本方針というのは非常に重要で、それが全ての元になる情報であることは間違いありません。

しかし施工段階で作成される図面は、実際の完成図とリンクする訳ですから、こちらも同じくらい重要なんです。

そうした図面をチェックして精度を高めていくことで、建物のクオリティも高まっていく訳です。

ほとんどの意匠設計者は、建築の細かい納まりについて、どう納めたいかの考えを持っています。

まあ私が知る限りは、という条件が付きますが、意匠設計者が意匠を気にしないはずはないですよね。

そう考えると、建築の細かい部分の納まりを気にするのは当然のこと、ということになってきます。

そして、自分が気にするくらいですから、どんな納まりのバリエーションがあるのかの知識も豊富。

これが一般的な意匠設計者の姿ではないかと思います。


■納まりに正解はない

ただし、建物をどう納めるのかいうのは、当たり前ですがその意匠設計者の好みによって少しずつ違います。

納まりには「これが正解」というものはありません。

それがあると仕事は非常に楽になるんですけど、もしかしたらそれは非常につまらない仕事になるかも知れません。

そうなったら、私は仕事がつまらなすぎて困ると思いますが、まあそんなことはあり得ないから気にしなくても良いか。

納まりには正解はないですけど、トータルでどう見せるかなどを考慮して、最終的に美しく見えればそれも正解のひとつ。

時には「明らかにこれは不正解だよな」という場合もありますが、まあ人間がやることですから失敗もありますよね。

難しいというか奥が深いというか、そういう部分が納まりの面白みではないかと思います。

ところで、そうした意匠設計者に対して、設計と細かい打合せを行っていく施工側はどうなのでしょうか。

 

■施工者の視点

施工側が建築の納まりについて考えることは、意匠設計者とは少しだけ違っていることが多いです。

もちろん綺麗に納めることを目指すという方向性は同じですけど、そこに幾つかの要素がプラスされます。

・コストを出来るだけ低く抑える

・施工出来ない納まりは選ばない

こちらも私が知っている限りの施工者は、という条件が付きますが、コストを意識しない施工者なんて絶対に存在しませんから。

施工者は常にコストを意識しているので、意匠設計者がやりたいと思う納まりを全部そのまま実現してくれる訳ではないんです。

設計図に記載されている内容であれば、それは施工者として見積もりに入れておくべき項目になります。

なので、いくらそのコストが高くても、その予算は確保しておかなければいけない種類のものということ。

だからそこは設計者が押せる部分です。

しかし、設計図に記載のない部分の納まりをどうするか、という状況では、施工者は出来るだけコストを抑えた納まりを提案してきます。

これは「施工者は基本的にデザインには興味がない」とか、そういう種類の話ではありません。

施工が守るべき項目の中には当然「コスト」も入っているので、施工者の立場から出来るだけコストを抑えたいという気持ちになる。

それは単純に立場が少し違うだけの話で、決して悪いことでも何でもないことなんです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ