廻り縁納まりの概要について

前回は壁の下地とか表面の仕上げ材など、納まりについての概要を簡単に紹介してみました。

壁仕上げ材としては、一般的にはビニルクロスが最もよく使われる仕上げ材じゃないかと思います。

あまり関係ない話かも知れないけど、私の自宅も全部ビニルクロスで壁を仕上げてます。

まあそれくらいよくある壁仕上げ材だと言うことです。

他にも石とかタイルとか塩ビシートなど、色々なパターンの仕上げ材があって面白いですよ。

そうした仕上げ材の納まりについて、仕上げ材ごとの詳しい説明をしていける時を楽しみにしています。

今この文章を修正している段階では、床の仕上げ納まりしか解説出来ていないので、少しでも先に進みたいところです。

まあ焦っても全然進まないですから、少しずつしっかりした内容の話をしていくしか無いんですけど。

……とまあサイト運営的な話はさておき。

前回は壁仕上げの概要について書いたので、今回はその少しレベル的には上にある「廻り縁」を取り上げてみたいと思います。


■廻り縁

廻り縁(まわりぶち)というのは、壁仕上げ材と天井仕上げ材の間に存在する部材の総称です。

壁と床の間に巾木があるのなら、壁と天井の間には廻り縁がある、みたいなイメージですね。

実際のイメージはこんな感じになります。

 

廻り縁のイメージ

 

写真を探したんですけど、廻り縁にフォーカスした写真が見つからないので、自分で絵を描くしかありませんでした。

これは、廻り縁という部材が持っている、仕上げ材としての重要度をよく表しているのかも知れません。

巾木は傷防止などの役割を持っていたのに対し、廻り縁は基本的に人が届かない部分になります。

なので、あまり大きさをとらないことが多く、よく見ないとどれが廻り縁なのか分からないことも多い。

これが、あまり廻り縁が仕上げ材としてスポットを浴びない大きな要因ではないかと思います。

 

■ない場合もある

そもそもなぜ廻り縁が必要なのかというと、壁と天井で異なる仕上げ材が取り合うところで、何かしらの見切り材が必要だからです。

廻り縁それ自体を意匠的に見せたいとか、そういう意図はあまり大きくないというのが現状です。

天井と壁の入隅を意匠的に見せたい場合には、化粧モールと呼ばれる部材を取り付けることはあります。

しかしこれは本当に限られた部分で使われる部材で、一般的な部分ではあまり使わないかも知れません。

また、天井仕上げ材と壁仕上げ材が同じ場合もあって、そうした部分では廻り縁を取り付けないこともあります。

このあたりは巾木とは違う部分ですね。

しかしこの廻り縁も、よくよく考えていくと結構納まりに絡んでくることが多いんです。

こうした油断ならない部材というあたりは、何となく巾木に似たイメージだという気がします。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ