その他の納まり要素について

前回までで、床・巾木・壁・廻り縁・天井と、建物の主な仕上げの部材については簡単な説明を終えました。

これだけでも、仕上げ材ごとに細かい納まりを解説していくと、結構なボリュームになりそうな感じです。

でも、建物の納まりはもっと色々な要素があって、例えば壁などの納まりを知っているだけでは不足なんです。

単純な納まりの床や壁などに比べると、納まりの難易度はこれから書く部分の方が上かも知れません。

建築の納まりというのは、そうした要素を全て絡めて検討していくものです。

そのあたりの知識も当然必要になってきますので、まずは簡単に項目を説明しておきます。


■建具

建具というのは、ようするに「ドア」と呼ばれるものです。

床とか壁とか天井などのカテゴリに入りませんが、それぞれの部分にまたがって関連してくる要素です。

建具の種類は結構たくさんありますから、これも説明していくとかなり長くなりそうな要素です。

しかも複雑な納まりになりそうな要素でもあります。

建築の細かい納まりを検討する際には、建具はなくてはならない存在、と言っても良いくらいに重要な存在です。

また、建具というのは基本的に工場で製作をしてきて、それを現場で取付る性質をもっています。

いわゆる「製作図」というやつです。

納まりがうまくいかなかった場合には、工場で作り直しになる可能性もあって、結構怖いんですよね。

 

■その他金物

建築工事には様々な項目があって、工事中に取り付けておくべきモノも、結構な数あるんです。

その中のひとつは「金物」で、まあこんなに大きなくくりをすれば当然ですが、数量的には多い方です。

基本的に既製品ではない金物であれば、工場である程度自由に加工してくることが出来ます。

なので、設計は結構好んで金物を利用したりします。

これも建具と同様、床に取り付く場合もあるし、壁に取り付く場合もあるし、天井の場合もあります。

基本的な取付のパターンを知っておくと、色々なところで役に立つことになると思います。

 

■外装関連

このカテゴリは少し迷いましたが、壁は壁でも屋外の壁や床については、この外装カテゴリに記入していくことにします。

内装の壁に較べると、「水が室内に入らないように」という大きな条件があるので、納まりはちょっと複雑。

でも、このあたりの納まりこそ、自分の中でバリエーションが欲しい部分でもあるんです。

私もぜひこの納まりは整理しておきたいところなので、地道に納まりのパターンを増やしていければと思っています。

部位毎のカテゴリ分けはこんな感じで考えています。

後で少し変えるかも知れませんが、こんな区分になっているという前提で納まりを探して頂けると嬉しいです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ