塗床(ぬりゆか)とは何か


このカテゴリでは、床仕上げ材のひとつである「塗床」もしくは「塗り床」の納まりについて考えてみたいと思います。

床に塗る仕上げ材に、納まり図なんてあるのか?

そんな意見もあるとは思いますが、考えなければいけない項目はない訳ではありません。

なにも納まりを考えずに仕上げ材を選定すると、特に壁取り合いとか巾木納まりで困る場合があります。

なので、一見納まりが単純そうな仕上げ材であっても、それぞれの特徴を掴んでおく方が良いと私は思っています。

ちなみに「ぬりゆか」の書き方としては「塗床」でも「塗り床」でも、問題なく通じます。

表現がぶれるのは書きにくいし読みにくいので、当サイトでは「塗床」に統一して話を進めることにします。

建築系の用語って、なぜか送り仮名がない言葉が多いような気がしますけど、何か理由があるんですかね。

これは今度調べてみることにして、今回はまず「塗床ってなに」という話からスタートしてみましょう。


■塗床とは何か

塗床(ぬりゆか)とは、読んだままの意味ですけど、床下地のコンクリートに仕上材を直接塗って仕上げるものを指します。

見た目はこんな感じで。

 

塗り床はこんな感じ

 

色のバリエーションはそこそこあるんですけど、グリーンとグレーが多いような気がします。

ただ、床下地のコンクリートに直接仕上げ材を塗ると言っても、やり方とか何を塗るのかは結構多様です。

そういう目線で見ていくと、実は塗床というのは材料や工法などが細分化されていて、結構奥が深いものだということが分かります。

それらを細かく説明をしていくと、かなり長くなってしまいそうで、私ももの凄く勉強になりそうな気がします。

しかしそこまで詳しくなくても、単純に建築の納まりを考えるだけであれば別に問題ない、という話もあります。

どこまで詳しく突っ込むかが難しいんですけど、当サイトではひとまず簡単な説明に留めておこうと考えています。

建築の納まりについて、基本的な部分を一通り説明出来たと思ったら、さらに細かい情報として追加していけば良いかな。

……そう思っていますが、本当にそんな日が来るのか、まだ床仕上げ材しか取り上げていない私にはあまり自信がありません。

 

■塗床を施工する目的

床仕上材として塗床を選択する理由ですが、最大の目的は床下地のコンクリートを保護するということ。

これが塗床の一番の目的となります。

建物には本当に色々な用途があって、ホテルのロビーみたいに高い意匠性を求められる場所があれば、工場のように床に高い耐久性を求める場所もある。

そして、高い耐久性と言っても「何からの耐久性なのか」という、相手も色々な種類がある訳です。

例えばフォークリフトが頻繁に走行するような場所であれば、摩耗に対する耐久性が必要になります。

一方で、厨房などで常に熱湯を扱うような場所では、耐水性と防滑性が求められる事になります。

研究室や実験室などであれば、扱う液体はお湯ではなく薬品になるので、薬品に対する耐久性が必要になる場合も。

そして単純に、人の歩行する場所を低コストで綺麗に見せたい、という場合も当然あります。

こうした様々な状況で塗床は採用されるので、実は奥が深いというのも何となく分かるんような気がしますよね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ