フローリングとその特徴-2

前回は床仕上材「フローリング」の概要と、その特徴について色々と説明をしてきました。

・調湿性がある

・伸び縮みがある材料

・美しい素材感

フローリングの特徴としては、前回で上記のような項目について説明をしましたので、今回はその続きからスタートします。


■フローリングの特徴(続き)

木が持つ素材感を生かしたフローリングですが、天然素材が持つ特徴がそのまま欠点になることもあります。

これはコインの表と裏の関係と同じなので、どちらかだけを選ぶということは出来ません。

もしフローリングを床仕上材として採用する場合には、特徴をしっかりと掴んで長所を活かせる場所に施工したいものです。

ということで、フローリングの特徴についての解説を続けます。

・キズやヘコミが目立つ

これも木が持っている天然素材の特徴になりますが、やはり木は柔らかいですから、キズやヘコミがどうしても目立ってしまいます。

例えばテーブルの足などで簡単に傷がつきますし、重い物を落下させれば当然ヘコミも出来ます。

そして、一度キズやヘコミがついてしまったら、それを元に戻すのは結構大変な作業になるんです。

もちろん「キズが付きにくい堅いフローリング」とかも商品としてありますが、硬質で尖ったモノに対抗出来る程ではありません。

例えばロッカールームなどに柔らかめのフローリングを施工してしまうと、実際にどうなるかというと……

ロッカーの鍵を落とす人って結構いますから、その際に出来たヘコミが無数に見えてくる、ということも有り得ます。

そうなると1年も経たない内に、床の仕上を変えるようなことになる可能性もあるんです。

以前も書いた気がしますが、仕上材はやはり適材適所なんですよね。

・水分への対応

カーペットなどに比べると、例えば水をこぼした時などに拭き取りが容易だとい特徴を持っています。

ただし素材は木ですから、長時間水分を放置していると、内部に水分が吸収されて腐敗やカビの原因となります。

なので、水などをこぼしてしまった場合には、出来るだけ素早く拭き取る必要があります。

まあ拭き取りが簡単だからと言って、拭きとりしないで放置する人なんていないと思いますが……

ただし今書いたように、水にはそれほど強くないという特徴を持っているので、常時水分があったり湿気があったりする場所には不向きです。

そうした理由から、脱衣室とかはあまりお勧めできません。

・肌触り

肌触りと言っても触れるのは足の裏なんですけど、フローリングは基本的にあまり暖かくないという特徴を持っています。

木の温かみのある素材感、という話を先ほどしましたが、直接触れる足の裏としては、カーペットの方が断然温かいんです。

まあその分カーペットには「夏暑い」という欠点がある訳ですけど……

その逆で、まあ石ほどではないですけど、フローリングは冬場に素足だとかなり冷たいです。

なので、冬場はフローリングの上にカーペットを敷くとか、あらかじめ床暖房を施工するなどの手が考えられます。

床暖房はかなりお勧めですけど、施工段階かリフォームをする段階でしか導入の検討が出来ないですからね。

現実的にはカーペットを敷くような手しか打つことは出来ません。

ただ、せっかくフローリングを選んだのに、その上にカーペットを敷くというのは勿体ないですよね。

それなら最初からカーペットで良いんじゃないか、という意見が絶対に出ると思います。

フローリングの特徴はこんなところです。

何度も書いていますが、基本的には天然素材である木の特徴がある程度反映される事になります。

なので、ある程度大雑把でも良いので、まずはその特徴をしっかりと押さえておくことをお勧めします。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ