単層フローリングとは何か

フローリングという床仕上材の特徴について、メリットとデメリットを含めて前回までに色々と紹介をしてきました。

色々な特徴があるとは言っても、やはり木という天然素材が持っている特徴がそのまま出ていることが多いですね。

そしてフローリングの中で最も良いと思うのは、その特徴のひとつである「木の質感」ではないでしょうか。

こうした温かい質感というのは、どんなに頑張ってもビニル系の床仕上材には出せないものでしょう。

大抵の時間を過ごすリビングにフローリングを採用するのは、そうした特徴があるからではないかと思います。

私も、自宅のリビングをフローリングにして良かったと思っています。

色を選定する際には結構悩んだんですけど、結果的にはもう少し濃い目の色を選べば良かった、と思うことはありますが……

濃い目のフローリングを選んでいたとしたら、今どう思っているかは分からないので、まあ今の色で満足するしかありません。

今回はそんなフローリングについて、もう少し詳しく分類してみようかと思っています。


■無垢材と合板の違い

フローリングには大きく分けて2種類、単層フローリングと複合フローリングという仕様に分類されます。

仕様名を見ただけでは何のことか良くわかりませんが、要するに「無垢材」なのか「合板」なのかという違いです。

これらの違いを簡単に説明すると……

無垢材:1本の木から切り出した材料

合板:薄くスライスした木材を交互に重ねて接着した材料

という違いで、まあイメージは「無垢材=本物の木」で「合板=人の手が入った木」みたいな感じかもしれません。

でも当然のことですけど、合板だって本物の木で出来ています。

というか、むしろ色々なところで使われる機会は、恐らく合板の方が多いくらいです。

この、無垢材と合板という仕様の違いは、木を使った仕上材や家具などで度々出てくる事になります。

どちらが良いかというのは簡単に言える話ではありませんが、これはもう適材適所で考えていくしかないですよね。

 

■単層フローリングの特徴

単層フローリングとは、先ほど話に出て来た無垢材で作成されたフローリングのことを指します。

1本の木から材料を切り出している訳ですから、限りなく自然な木の状態を保ったフローリングと言えるでしょう。

その特徴は、そのまま無垢材の特徴と言えるものばかりです。

・天然木が持っている美しさや質感がある

・ただし表面に天然木独特の節などが入る

・木の特性として、伸縮や反りなどが発生する

・傷つきやすく割れも発生しやすい

無垢材の最大のメリットは、やはり天然木が持つ質感を楽しめるという部分だと思います。

だから、時々入ってくる天然木特有の節などに関しては、それほど気にするべきではありません。

気になるのなら無垢材を採用するべきではないですから。

ちょっと変な表現になりますけど、フローリングの厚さ分、すべてがその木材になっている訳です。

経年で傷やよごれなどが出てきたとしても、上を少しだけ削ることでまた綺麗になるという特徴も持っています。

これは無垢材にしか出来ない芸当です。

ただし天然木である為、湿度を吸収しやすいという特徴も持っています。

この特徴自体は良いことなんですけど、伸び縮みが激しいという、仕上材としては困った特徴も合わせて持っています。

それを考えると、次に紹介する複合フローリングの方が良いのかも……という話にもなってきますが、これは次回に続きます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ