目地調整という選択肢も

前回はタイル割付をする際の考え方として、半端なサイズをOKとするかどうか、という話をしました。

300角とか200角などの床タイルは、余程運が良くない限りは壁際で半端サイズが入ってしまいます。

仕事ですから運任せはあり得ないので、そうならない為にあらかじめ図面を書く訳です。

図面の中で検討と調整をして、実際には綺麗に納めるのが理想ですね。

ただしその為には壁位置をタイルに合わせるなど、色々と調整しなければならない部分が多くなってきます。

タイルの為にそこまでするべきか、というのが前回の主なテーマでした。

例えば2cm巾のタイルが入るとか、そういう極端な状態にならない限り、それほど納まってない感はないので、それで良いんじゃないか。

少なくとも私は床タイルについてそんな感覚を持っています……別に面倒くさいとかそういう話じゃなくて。

けれど、設計者の考え方はそれぞれですから、タイルはきちんと割れていないとダメ、という人もいるはずです。

そうなった場合には、もう壁の位置を調整するなどして、キッチリと図面をまとめていく必要があります。

どちらが良いとか悪いとかいう話ではなく、これは設計者のポリシーの問題ですから、場合によってはそういう調整も必要になるかも知れません。

ただ、決まったサイズのタイルであっても、割付を調整してきちんと納めることが出来る場合もあります。

まあ出来ない場合もあるんですけど、今回はそのあたりの話を取り上げてみたいと思います。


■目地で調整という考え方

壁位置を調整しなくてもタイルをきちんと割ることが出来る方法とは、簡単に言ってしまえば「目地調整」です。

タイルのサイズは決まっていますが、目地というのは「隙間」ですから、隙間の寸法まで厳密に決まっている訳ではありません。

割付図を描いた時に、微妙に小さなサイズのタイルが入った場合には、少しずつ目地を大きくして納めるというやり方があります。

逆のパターンもあって、あと少しで295mmのタイルがそのまま貼れる、という場合に目地を少しずつ小さくして納めることも出来ます。

もちろん目地の巾には機能的な限度と意匠的な限度があるので、極端に狭い目地とか広すぎる目地は出来ませんが……

それでも、目地の数は結構多いですから、例えば0.5mm目地巾を変えただけでも、結構調整が出来るものなんです。

どうしても床タイルをきちんと割り付けしないとダメ、という場合も時にはあると思います。

そんな場合には、壁位置の移動よりも前に、目地巾で調整出来ないかを検討してみるのが良いと思います。

 

■ネット貼りは楽だけど

ただし、タイルの種類によっては目地調整が出来ない場合もあるので、そこは注意が必要です。

なぜ目地調整が出来ないのかというと……これです。

 

100角ネット貼りのタイル

100角タイルに多いパターンなんですけど、小さいタイルを1枚づつ貼るのは大変なので、セットにしているんです。

これはネット貼りと言われる手法で、まあこの方が貼る側は楽ですから、こういう商品は結構あります。

まあ300角タイルとかを9枚つなげられても困るけど、100角ならかなり施工が楽になるはずです。

ただしこれだと目地巾が最初から決まっているので、通常5mmの目地巾を6mmにして、みたいなことが出来ません。

もちろんバラバラに貼ってもらえれば目地調整は可能なんですけど、一気に9枚貼れるところを1枚づつ貼ってくださいとは言い難いです。

3枚毎に目地調整とかも考えられますけど、意匠的に変な状態になるのは間違いないのでお勧めできません。

こういう商品があると施工する側としては良いんでしょうけど、施主とか設計にメリットはあるんでしょうかね。

まあ施工が簡単になるから少し安くなるとか、そういう話なのかも知れませんけど、ちょっとね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ