床石の基本的な納まり

床仕上材の納まりも色々紹介してきましたが、今回は床石の納まりについて色々書いていきます。

やっと石の説明までたどり着きましたけど、説明したい内容を考えると、まだ1割くらいしか進んでない気がします。

床・壁・天井の納まりについては、それぞれ単品であればそれほど難しい納まりじゃないんですよね。

難しい納まりではないから、説明の時に表示する断面も、かなりシンプルなものになっています。

そうした基本納まりを踏まえて、それぞれが交差する取合い部分の納まりをじっくりと説明したい。

……と思っているんですけど、まだ床の納まりしか紹介出来ていない状態で、先が思いやられます。

まあ急いでもやれることは限られていますから、あまり焦らないで少しずつ進むしかないんですけど。

と、愚痴はこのくらいにしておき、今回は床石の納まりを検討する際に知っておいた方が良い知識を紹介します。


■床石の納まり

床石の納まりは、基本的には床タイルの納まりで紹介した「敷きモルタル納まり」とほぼ同じになります。

壁の場合は石とタイルで全然違うんですけど、床の場合は基本的にほぼ同じで、厚みや施工寸法が少し違うくらいです。

だから基本断面自体はそれほど難しいことはなくて、大体がこんな感じの納まりになると思います。

 

床石の納まり

 

タイルに比べると少し厚みが大きくて、敷きモルタルの厚みも大きめですが、それ以外は特に変わらない。

もちろんタイルにも厚みが色々あったように、石の厚みも色々で、極端に薄くならない限りは自由です。

石が厚くなるとコストが高くなる為、基本的には出来るだけ薄くする方向で検討する場合がほとんどです。

床石の厚みがあると高級感がありますけど、実際のところは貼ってしまうと厚みは伝わりにくいものです。

見えないところに頑張るよりも、見えるところのコストを持っていった方が、お客さんも喜びます。

そういう色々を考えると、床の石は出来るだけ薄くする方が良いんじゃないかと個人的には思っています。

 

■グレードと採用箇所

床石のグレードとしては、かなり高級な部類に入り、タイルよりもハイグレードな仕上材になります。

納まりは似たような感じですけど、磨き方などによって見え方はタイルとは全然違ってきます。

もちろん石にも種類が色々あって、さらに表面処理の方法によっても見え方が全然違ってきます。

が、基本的なグレードは床タイルよりも上という感じですね。

使われる場所もタイルと同じように、エントランスホールなど意匠的に頑張るところによく採用されます。

また、浴室などの水廻りで使われることも多く、その場合はタイル以上に水勾配で悩むことになります。

石と石の間に目地が必要というあたりも、タイルと同じ。

このあたりの細かい話は、次回から少し詳しく説明をしていきますが、基本的な納まりはそれほど複雑ではない、ということになります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ