水勾配の難しい部分について


このカテゴリでは、床の納まりとしてアスファルト防水を取り上げ、前回は水を集めて排水する為の排水溝納まりを紹介しました。

アスファルト防水が納まる寸法だけであれば、コンクリートスラブのレベルはFL-200まで下げなくても大丈夫です。

でも、押さえコンクリートの中に排水溝を設けるパターンがほとんどで、その為にある程度余裕を持ってスラブを下げておくんです。

この排水溝の考え方と、排水溝まで水を流すという水勾配の考え方が、アスファルト防水の納まりでは一番複雑だと思います。

床に勾配を取って水を流すという考え方は、あまりピンと来ない方もいるかも知れません。

しかし、大浴場などに行って床をよく見てみると、ちゃんと水が流れていることが確認出来ます。

勾配自体はそれほどキツイものではありませんが、勾配を取ることと、平らなままとでは大きな違いがあるんです。

まあ納まりを考える際には、床の勾配というのはなかなか面倒なものではありますけど……

今回はそんな水勾配についてもう少し考えてみたいと思います。


■水勾配の考え方

先程も同じような事を書きましたが、水を使う部屋の床納まりで最も悩むのは、何と言っても水勾配です。

水勾配の基本的な考え方は、部屋のどこに水が落ちても、水勾配によって排水溝に水が集まるというもの。

それは確かに当たり前の話なんですけど、それ以外にも色々な条件がプラスされるので、あまりシンプルではないんです。

・排水溝に水を流す為、排水溝のレベルが一番下

・出入口のレベルは基本的にFL±0

・出入口の足元にも排水溝が必要な場合もある

・タイルや石などの四角形で硬質な仕上げ材は稜線が入れにくい

これら全ての条件を満たす床のレベルというのは、やってみるとよく分かりますが、かなり難しいものがあります。

厨房などの場合は、厨房器具を避けて排水溝が折れ曲がって配置されることがほとんどになります。

その折れ曲がった排水溝を全部水下にして、そこに水を流す考え方にしつつ、出入口にも排水溝を設けてそこはFL±0。

場合によってはその出入口の排水溝とメインの排水溝が繋がってたりして、もうどうして良いのか分からない状態になります。

例えばこんな平面になったり。

排水溝の平面図例

赤い数値は床のレベルを指しますが、図面内上側の扉付近のレベルがなんとなく分からない状態になっています。

水下になっていた排水溝がそのまま出入口の排水溝に繋がっている為、レベルがFL±0なのか-30なのかが微妙です。

まあこれは悪い例なので、悪い例の中で正解を探すのは、やはり無理があると言うしかありません。

私だったら、排水溝の範囲を下図のように変更すると思います。

排水溝の平面図例(改善)

目的は排水溝に水をしっかり流すことと、出入口に変な段差を設けないことなので、排水溝は別に繋がっていなくても良いんです。

こうして変更をした状態でも、納まり的にはちょっと難しい部分がある訳ですけど、それは次回に説明したいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ