水勾配と床仕上げ材の関係


アスファルト防水を施工する部屋では、コンクリートスラブを下げて防水を施工するスペースを確保する必要があります。

そして次に考えるのが、その部屋で使われた水を排水すること。

その為に排水溝を設けることと、床仕上天端に勾配を付けておくことが必要で、そのあたりの話を前回は取り上げました。

建築の納まりを考える上で、床の勾配というのは厄介というか、面倒臭い存在じゃないかと思います。

だから勾配をなくしたいところなんですけど、勾配を付けないと後でさらに厄介な話になることが確実なんですよね。

後で苦労をしてお金も余計にかけ、さらに信用を失うのが良いのか、最初から勾配の検討をしておくのが良いのか。

そう考えると答えは決まっているので、面倒であっても勾配の検討はやっておくしかない、ということになります。

そんな面倒な水勾配について、前回は簡単に描いたサンプル平面図で、ありがちなプランを紹介しました。

しかしこの勾配が実現出来ない場合もある、という話を今回は紹介しておこうと思います。


■床仕上げ材の選定

厨房な大浴場など、水をたくさん使う部屋はアスファルト防水をする訳ですが、床仕上材は水との相性が良いものが選定されます。

厨房などではタイルや塗床が、大浴場などでは石やタイルなどが選定される場合が多いです。

その中でどんな仕上げ材を選定するのかは、建物のグレードとか部屋の用途などで決まります。

例えばホテルの大浴場であればほぼ間違いなく石が採用され、社員寮の大浴場であれば一番安い浴室用タイルになる可能性が高い。

建物のグレードと部屋の用途というのはそう言う意味です。

この話は仕上材全般に言えることで、今さらアスファルト防水の納まりについての説明でする話ではありませんが……

まあとにかく水廻りの部屋ではタイルや石が選定される可能性が高くて、それが床の勾配をさらに複雑なものにするんです。

 

■硬質な仕上げ材の宿命

タイルと石は材質やグレードが違いますが、硬質であることと、ある程度決まったサイズの材料を並べて仕上げていく材料である、という共通部分があります。

硬質であるという特徴は、基本的に水を中に含まない(=表面を水が流れる)ことになり、水を使う部屋では重要な要素になります。

しかしこの特徴によって、水勾配を検討する際の自由度はどうしても低くなってしまうんです。

タイルも石も、斜めに折る事が出来ませんから。

前回紹介した平面図では、部屋の外周から排水溝に水を流すという考えで、水上と水下を決定しています。

そうすると当然の結果として、勾配が交差する部分には折れ線が発生することになります。

平面図で言うとこの部分に。

勾配の折れ線

こうした折れ線を図面上で表現することは、線を引くだけの話だから非常に簡単な作業になります。

でも実際には、石もタイルも硬質で四角形という外観上の特徴があるので、斜めに線を入れることなんて出来ません。

それをやろうとすると、そこで石やタイルを切る必要があって、意匠的にそれはあまりやりたくない状態なんです。

もちろんその見た目にするしかない状況も多いですが、次回は出来ればこういう勾配にしたい、という理想的な話をしてみたいと思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ