防水工事の重要性と漏水のリスク


アスファルト防水の納まりを検討する際には、床だけではなく立上りも検討する必要がある。

前回はそんな話をして、水を漏らさないという目的を果たすために必要な考え方について書いてみました。

床と壁に防水層を施工することによって、はじめて防水層の存在価値が出てくるので、納まりとしては外すことは出来ません。

ちなみに、どの高さまで防水層を施工するのかは、部屋の用途によって色々と変わってきます。

シャワー室のように高い位置にも水が跳ねる場合は、1200~1500程度まで立ち上げる必要があります。

厨房など、基本的には床に水を流す場合がほとんどで、壁は厨房機器などで隠れるような部屋ならば、300程度でも良いかも知れません。

部屋の用途によって変わるということはつまり、どれだけ水を使ってどこに水が当たるのか、という話です。

その部屋の用途によって、防水層の立ち上がる高さというのは色々と変わってくることになります。

まあ納まりは似たような状態になりますが、目的に沿った防水高さを検討する必要がある、ということです。


■床納まりはココまで

ただ、この「防水立上りの納まり」というのは、床の納まりとは言い難い部分なんですよね。

もちろん床でも立上りでも、防水層を施工した後に仕上材を施工する、という基本方針は同じです。

しかし当サイトは、床とか壁などの部位である程度カテゴリ分けをしているので、このまま立上りの話に進んでいく事に違和感を感じます。

と言うことで、アスファルト防水の立上り納まりについては、床仕上げ材のカテゴリでは取り上げないことにします。

アスファルト防水立上りについての詳しい説明は、巾木の納まりについての説明時にじっくりやろうと思います。

このカテゴリはあくまでも床の納まりということなので、基本断面としては、床を下げて防水層+押えコンクリート+床仕上材というパターンでOKです。

後は梁を下げておくことを忘れないことと、水をどこに流すのかの勾配をきちんと計画しておくこと。

これらを押さえておけば、床の納まりとしては特に問題はないんじゃないかと思います。

■防水工事の重要性

建物を設計・施工する側にとって、水というのは非常に重要な要素になることは間違いない事実です。

水は必ず高いところから低いところに流れていき、途中に障害物があっても、そこに少しでも隙間があれば障害物も通過していきます。

これが水の恐ろしいところであり、建物を設計・施工する側が最も気を使う部分でもあります。

穴のあいた容器に水を入れると必ずそこから漏れますよね。

その原則は規模が大きくなっても一緒で、どんな建物でも漏水の危険から逃れることは出来ないんです。

大雨が降った日には、以前設計した建物のオーナーからの連絡がないか、少し心配になってくる。

こうした心境は、設計や施工に携わる方であれば、きっとよく分かる気持ちだと思います。

その心配が現実のモノになるかどうかは、どこまで納まりを検討出来ているのかと、どこまでしっかり施工できているかにかかっています。

漏水のクレームにならない為にも、設計段階・施工段階では、アスファルト防水の納まりをしっかりと押さえておく必要があるんです。

床のアスファルト防水納まりについてはこの辺で話を終わって、そろそろ次の話題に進むことにしましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ