材料毎に異なる壁の特徴を知る


建物を構成する壁の大まかな区分がどんな感じなのか、という話を前回までは取り上げてきました。

概要なので簡単過ぎる説明で、その壁がどんな納まりになっているのか、というところまで説明することが出来ていませんが……

大まかには外壁・区画壁・間仕切り壁などがある、というあたりをまずは覚えておけば良いと思います。

あとはその壁がどんな材料で出来ているのか、という話で、このバリエーションも結構多いんです。

今まで説明してきた話と似たような部分もありますが、今思いつくだけでもこのような種類の壁があります。

・RC壁

・ALC壁

・押出成型板

・LGS壁

・木下地壁

この中でどんな材料の壁を採用すれば良いのか、というのは建物の用途などによって変わってきます。

もちろん同じ建物であっても、外壁はRCだけど間仕切り壁はLGS壁にするなど、場所ごとに使い分けも必要になります。

そうした使い分けをする為にも、それぞれの壁について、その特徴を知っておく必要がある訳です。


■まずは違いを知ること

色々な部位に存在する壁を、その部位ごとにどんな種類の壁を選択するのか、というのは結構難しかったりします。

別に求められる性能を満たしてさえいれば、どんな材料の壁であっても、基本的に間違いということはありません。

何でもOKということはつまり、「これを選んでおけば確実に正解」という分かりやすさがない、ということなんですよね。

だから、大まかな種類とその特徴を知っておき、どこでその壁を使うのかをつかむことが最初のステップになります。

当サイトでまずは壁の概要を簡単に説明しているのは、違いを知ることが大事だと思っているからです。

その次のステップとして、それぞれの壁がどんな納まりになるのかを知る、という段階がありますが、これはもう少しだけ後になります。

そのまま読んでいけば、もう少し後でそうした話が大量に出てくるはずなので、あとちょっとだけお待ちください。

 

■選択をするには知識が必要

壁の種類を選ぶのは大変という話を少ししましたが、ここで私が昔使っていた設計用の3DCADの話を出してみます。

その3DCADは、建物の大まかな間取りを作るだけで、自動的に壁を作成してくれるという便利な機能を持っていました。

適当なプランを大雑把なグリッドに沿って入れてあげると、CADの方で一気に壁を入れてくれるんです。

これは見ていると結構楽しいものでした。

まあ仕事で使うツールとしては、私の実務とはあまりマッチしなかったので、使いこなすところまで行きませんでしたが。

で、そうして自動で作成される間仕切り壁を見た当時の私は、CADがどうしてその壁をセレクトしたのかが理解出来ませんでした。

その3DCADでは部屋ごとに壁の仕様を決めることが出来て、それに従って自動的に壁の下地などが選択されただけなんですけど……

操作している私自身が、例えば「この部分はALC壁にするか」などの方針を持たなかった、というだけの話なんですよね。

というか、そうした方針を持てる程の知識が無かった、というのが正直なところでした。

当時の私のようにならない為にも、まずは色いろある壁の種類を知っておき、それぞれの特徴を掴んでおく。

これを最初にやっておくことをお勧めします。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ