UL工法が選ばれない理由とは


UL工法の一般納まり図がどうなっているのか、というあたりの話を前回は紹介してみました。

GL工法について説明した時にも書きましたが、ULスポンジとかULボンドなどを図面に表現する必要はありません。

それは施工をする際に必要な部材であって、図面で重要なのはどの工法を採用するのかと、適切な寸法なのかです。

下地の位置から考えられる壁の位置が、UL工法の許容範囲内に設定されていれば、図面としてはOKです。

逆にULスポンジなどを大量に描き込んでいく方が、図面が見づらくなってしまうので歓迎されません。

その図面では何が求められるのかを考えれば、ULスポンジやボンドが不要であることは分かると思います。

どんなに細かい図面であっても、その図面を見てULスタッドを建て込む訳ではありませんから。

中途半端に知っている人が、そうして自分が知っていることを全て図面に盛り込むことをやりがちなんですけど……

そうした知識の量を誇示するよりも、その図面の目的が何なのかを掴んでおく方が大事だと私は思っています。

さて、UL工法についての話はこのへんで終わりにしておいて、今回は改めてLGSを立てる場合について考えてみましょう。


■コストというデメリット

UL工法というのは、コンクリート面から石膏ボード面までの寸法が少なくて済む、非常にスマートな工法です。

しかし正直なところ、私が実際の仕事でUL工法を目の当たりにしたのは、本当に数えるくらいしかありません。

それはなぜなのか……まあ偶然という考え方もあるとは思いますが、考えられる理由はいくつかあります。

まずはコスト。

同じような工法で、GL工法の方が低コストであれば、余程の理由がない限りはGL工法を採用することになります。

GL工法が持っている欠点である遮音性能については、そうした欠点があるからUL工法にする、という考え方にはなりません。

わざわざ苦労をしてコンクリート壁を造り、遮音性能が低下するような工法を選ぶのは無駄が多いですから。

それならば、本当の乾式工法であるLGS下地+石膏ボードで、遮音性能のある壁を採用する可能性が極めて高いです。

これが、UL工法があまり採用されない(と思っている)ひとつの理由です。

 

■中途半端な存在

次に考えられるのが、どうせ乾式工法で施工をするのなら、そんな細いスタッドを建てなくても良いんじゃないか、という考え方です。

要するに、そこまで頑張るよりも普通にLGSを建てた方が良いんじゃないか、ということです。

乾式工法とは言っても、UL工法はあくまでもコンクリート下地に対して施工される軽鉄下地。

仕上げ寸法が少ないというメリットはありますが、それは同時にスイッチなどを埋め込むことが難しいというデメリットにもなります。

なので、下地のコンクリート壁と完全に切り離して考えて、改めてLGS下地を建ててしまうという考え方が出てくる訳です。

もちろんそうすることで、コンクリート壁面から石膏ボード面までの寸法は大きくなってしまいます。

しかしその欠点を補うくらいのメリットもある。

そうしたことを総合的に考えていくと、UL工法にするのなら、LGS下地にするという選択肢が選ばれることに。

と言うことで、コンクリート下地にLGS下地を建てる場合のメリットなどについて、次回から詳しく話をしていきます。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ