LGSとは何かを考える


前回のカテゴリでは、コンクリート下地壁の納まりについて、色々と説明をして来ました。

ちょっと長い話になってしまいましたが、コンクリートは建物を構成する上で欠かすことが出来ない材料です。

そうしたコンクリートが下地になっている壁がどのように納まるのか、そのバリエーションはどの程度あるのか。

そのあたりを知っておくことは、建築の納まりを覚えていく上で、避けて通ることの出来ない項目だと言えます。

そして、このカテゴリで説明する「LGS壁」も、コンクリート下地壁に負けないくらい重要な要素なんです。

室内の色々な部屋を区切っている壁で、LGS壁というのは最もポピュラーな壁ではないか。

個人的にはそう思っています。

今までコンクリート下地の壁について色々説明してきたので、順番からすればALCとか押出成形板などが先なのかも知れません。

しかし、建物全体の中でどの程度採用される箇所があるのか、という考え方で比較をすると……

ALC壁や押出成形板よりも、確実にLGS壁の方が多くなるはずです。

まあ結局は全てを覚える必要があるので、順番が変わるだけの話ではあるんですけど、やはり順番は重要です。

まずはよく使われる無難な納まりから覚えていく、ということで、今回はLGS壁の概要について説明をしてみます。


■LGSとは何か

まず、そもそもLGSとは何なのか、という話から考えてみますが、LGSという言葉には以下のような意味があります。

ight(軽量)

auge(規格)

teel(鉄)

これは以前にも同じ説明をした気がしますが、要するに軽量鉄骨、読んだままですが薄くて軽い鉄の下地材ということです。

もちろんこうした下地材だけで壁は成り立たないので、LGSを建てた後で石膏ボードを張ることになります。

なので、LGS壁と言っても結局表層は石膏ボードになって、その石膏ボードにクロスなどの壁仕上げ材を施工していく訳です。

 

■LGSのイメージ

ちなみに、LGSを壁の下地として建てた状態は、このようなイメージになっています。

LGSのイメージ

工事現場を少しでも見たことがある方であれば、恐らくこのギラギラした柱みたいな材料は見たことがあるはず。

この写真では分かりにくいですが、基本的に内装の壁はこうしてほぼ全てがLGS壁になることが多いです。

最もポピュラーな壁と表現したのは、そのあたりに理由があります。

なお、LGSには幾つかの決まったサイズがあって、その中で適したサイズのLGSを選んで使っていく事になります。

そしてその下地に張ることになる石膏ボードも、色々な仕様と厚みがあって、その選択肢はかなり多彩です。

こうした組み合わせを考えるのは大変ですが、部屋の用途によって色々と使い分けることが出来る、とも言えますよね。

こうした柔軟さが、様々な建物で採用される大きな要因なのでしょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ